片想いの牢獄で

漫画の紹介と感想のブログ

愛の修羅ネタバレ結末

愛の修羅 (漫画)6巻「愛の炎」最終回ネタバレ感想 ミツヤオミ

ミツヤオミ先生の漫画「愛の修羅」、とうとう最終回となってしまいました。 夫を奪った憎い女の娘である、あかりにありったけの憎悪をぶつけて虐待の限りを尽くしてきた虹子。 炎に包まれた屋敷の中にあかりと虹子が取り残され、極限の状況でふたりが選んだ…

愛の修羅 (漫画)5巻「奈落の底」のネタバレ感想 ミツヤオミ

あかりのお腹には、貢との子供が・・・! 虹子との取引で記憶喪失のフリをしなければならないあかり。 ミツヤオミ先生の漫画「愛の修羅」5巻「奈落の底」では、その事実を告げられず、あかりは中年おやじと結婚させられそうになる大ピンチ展開。 そして今回…

愛の修羅 (漫画)4巻「再びの地獄」のネタバレ感想 ミツヤオミ

あかりと貢の駆け落ちは、虹子にすぐ嗅ぎつけられて失敗。崖から身投げしたあかりを追うように、一緒に飛び込んだ貢は一体どうなってしまったのか。 ミツヤオミ先生の漫画「愛の修羅」4巻「再びの地獄」では、永遠の愛を誓ったふたりが引き裂かれ、あかりは…

愛の修羅 (漫画)3巻「束の間の幸せ」ネタバレ感想 ミツヤオミ

結婚式前夜に、ふたりで手に手をとって逃げ出したあかりと貢。貢に執着する姉・京子と鬼母・虹子がそれを許すはずもなく、追っ手がかかります。 ミツヤオミ先生の漫画「愛の修羅」3巻「束の間の幸せ」は、ほんのひと時の愛の成就を楽しむあかりと貢と、虹子…

愛の修羅 (漫画)2巻「生き地獄」のネタバレ感想 ミツヤオミ

ミツヤオミ先生の漫画「愛の修羅(分冊版)」2巻「生き地獄」のネタバレ感想です。 愛する人・貢と「義理の姉の婚約者」という最悪の形で再会をしたあかり。天上家での身分は、卑しい女の娘で召使い。 今回も義母・虹子から「ぞうきんの絞り汁ティー」を飲…

愛の修羅 (漫画)1巻「十字架」のネタバレ感想 ミツヤオミ

ミツヤオミ先生の漫画「愛の修羅」は、両親を亡くして引き取られた天上家で継母にいたぶられながらメイドとしてこき使われる女の子・あかりのドラマチックな物語です。 1巻 第1話「十字架」では、継母の絶望的な虐待に耐えながらも、貢と出会い愛を支えに生…