片想いの牢獄で

漫画の紹介と感想のブログ

片想いの牢獄で 1話ネタバレ 光のさすへや ミズタマ作

片想いの牢獄で 1話 光のさすへやのネタバレです。

ミズタマ作の短編漫画集。

 

切ない片想いの物語が4つ入っています。

 

片想いの牢獄でのあらすじ 第1話 光のさすへや


優秀であるように、子供たちに笑顔でプレッシャーをかけ続ける母親。

そして、そのせいで受験ノイローゼになった兄が、妹の比奈子にこっそりと虐待をして憂さ晴らしをするようになる。

虐待は、日に日にひどくなっていく。

殴ったり蹴ったりは日常で、さらにはセクハラと、抵抗しない比奈子をいいことにやりたい放題だった。

比奈子は兄の虐待に押しつぶされそうになると、飼っている犬のソラと散歩に出かけた。

ソラが急に走り出していなくなり、探し回ると小日向、というクラスで不登校の引きこもり少年と出会った。

どちらかと言えばブサメンで、しかも無愛想。

けれどぶっきらぼうな彼の態度に、逆にホッとするようになり、比奈子はソラと遊びたがる彼の家に遊びに行くようになった。

部屋の中でプラネタリウムを見せてくれた彼に、比奈子は例え話を使って、自分が兄からひどい虐待を受け続けていることを彼に伝える。

「行くところがないなら、うちに来たら」

家に居場所がない、と感じている比奈子にとってそれは、心にしみるような言葉だった。


第1話の結末


だが、ある日大事件が起こる。

兄は比奈子をテニス部に入部させていたが、目当ては美人の先輩を自宅へ連れ込むこと。

比奈子は、兄が先輩に何をしようとしているのか、察していた。

先輩を襲わせる手伝いなど、できるものか!と初めて兄に逆らった比奈子だったが、報復に兄がソラを痛めつけた。

比奈子はフライパンで兄をぶったたくと、小日向の家に逃げ込んだ。

兄は小日向に「人生終わるぞ?」とニヤニヤしながら、向かってきたが、引きこもりで「どうせ詰んでる」と小日向は、兄をやっつけた。


兄は「階段から落ちた」ことになって入院し、比奈子は虐待から解放された。

そして兄の代わりに勉強漬けにしようとする母親に笑顔で、自分はあなたの期待に添えないと断る強さを得た。

小日向は家庭の事情で引っ越し、比奈子は彼が残したプラネタリウムを見ながら「ありがとう」とつぶやく。

1話の感想


兄のストレス解消の道具にされていた比奈子は、小日向のおかげで兄から解放されて「自由」を手に入れます。

兄のノイローゼの元凶である母親に対しても「ノー!」を突きつけ、恋とは女を強くするものだなー、と。

小日向の家庭も複雑で、彼は結局父親のいる田舎にいった様子が見受けられます。

あのプラネタリウムは父親の田舎の夜空とそっくり、と言っていましたから、比奈子がプラネタリウムを見るたびに同じ夜空を見ているのだな、とラブな雰囲気を感じました。

 

 

 

第2話の感想

www.kataom.com

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第5話ネタバレ感想 七香とまみりこ変顔バトル!?

プレママの七香のせいで、ランキング2位になってしまったまみりこ、危うし!?

 

中身ドロドロのキラピカママ七香が見せる本音の変顔と、ライバルを蹴落とすための弱みをつかんでタピオカドリンクを音を立てて飲み干すまみりこの変顔勝負!


ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第5話のあらすじ・ネタバレ

読モごときと一緒にすんじゃねえよ!なキラピカママ七香の本音

 

大人の余裕がある、イケてるプレママとしてもちあげられるヨガインストラクターの七香。

 

キラピカママたちのつぎなるリーダーとして「キレイだから読モだったの?」とヨイショされるも、読モごときと一緒にすんじゃねえよ!とものすごい顔。

 

そんな七香のホンネの顔にきづいたひろみママは、七香に反感をもってあら捜しをはじめる。


あたしが2位だなんて、冗談じゃない!とトイプーパルフェに当たるまみりこ

 

視聴率をあげるために、わざわざトイプーまでレンタルしていたのに!ランキング2位だなんて!!

 

と、キラピカママちゃんねるに1位を奪われたことでパルフェに当たるまみりこ。

 

パルフェを病気にして、あたしが看病すれば注目されるかも♡

 

そんなゾッとすることを言い出すまみりこに、ちえはゾワゾワ。

 

プレママ・七香の弱点をつかむまみりこ

 

今度こそつぶしてやる、と新たなリーダーとなった七香の弱点をさぐり、見事ネタをつかんだまみりこ。

 

よろこびのあまりにタピオカドリンクをズズズズズーと一気飲みし、めちゃくちゃ変顔に。

 

キラピカママとまみりこがコラボ、そしてまみりこの嫌がらせ開始!

 

とうとうコラボ当日。

 

スペシャルゲストとして参加するまみりこに対し、「まみりこよりもキレイ」と言われ有頂天になる七香。

 

だが、まみりこはそんな彼女のうわべの顔をひっぺがすべく、子供をつかって嫌がらせを開始し・・・

 

#キラキラtuberまみりこ 5話の感想

 

まみりこ、めっちゃえげつな!!

 

「プレママ」って、じつはこの漫画で初めて知ったんですけど、妊婦さんを横文字呼びしているだけなんですが、なるほど「妊婦」っていうよりは素敵な響きがしますね。

 

まみりこの場合「若さ」で人気をひきつけていますが、20代が過ぎ去ったいわゆる「おばさん」と呼ばれる年齢になってから輝くには「大人の女性」の魅力・・・あるいは「母親」としての役割を担ったイメージがないと輝けない、ということでしょうか。

 

たしかに30すぎると「BBA」なんて簡単に呼ぶ男性たちが多いですが、(下手すると20代後半でもBBA呼びされますよね)、「母親」「妊婦」の役割を女性が背負うとなんとなく「BBA]とは呼べない雰囲気になります。

 

「これから『ママ』になりまぁす」

って感じがするからですかね。

 

妊婦さんのお腹に触るのは基本的にNGですが、それを逆手にとって仕掛けたまみりこの策略。まさに「なんでもあり」って感じでした。

 

まみりこは今回、やたらと「本当に七香のお腹に子供がいるのか」という疑念を強調していたので、七香の弱点ってこの辺なのかなーって思いました。

 

来月にその謎が明かされそうですね。

  

なお、この作品は「ワケあり女子白書 vol.24」に含まれています。

 

 

池田ユキオ先生の新作!占い依存のヤバイ女

www.kataom.com

 

前作 キラキラ後輩・サヤの転落ストーリー

www.kataom.com

 

前前作・キラキラ女子明日香

www.kataom.com 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜30巻ネタバレ とうとう秋山に縁切りされる瑠衣

 血のつながらない兄を愛するあまり、止まらない瑠衣の大暴走!

爽だけではなく自分の家族まで傷つけようとする瑠衣に、とうとう秋山は縁切りを決意!?

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」30巻のネタバレ感想です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」30巻のネタバレ

秋山に拒否され、縁切りだと言われる瑠衣

 

10年前のあの日、爽とここで何をしていたのか!と迫る瑠衣に対して、秋山は「俺とあいつの問題」だと一蹴する。

 

妹でしかないし、これ以上爽や自分の家族まで傷つけるなら、縁を切る。

二度と近づくな、と拒否。


10年前に再会した秋山と爽の事実とは

街角で久しぶりに再会した秋山と爽は、なつかしさから語り合う。

 

あわなかった時間、大人になった自分たちの近況報告。

 

編集者として忙しくて疲れてる爽をねぎらい、父親が亡くなったと告げる秋山。

 

そのことにショックを受ける爽。


イタリア留学する秋山と、結婚直前の爽

 

秋山はイタリアで料理修行のために留学し、店を継ぐ。

 

爽の母は精神が壊れて入院し、高校時代の別れ話も母のせいだった、とうちあける爽。

 

でも、爽は「カズとの結婚式直前」だとは言えなかった。

 

最後まで清かったふたり

昔の恋を語り合い、気持ちが高まるふたり。

 

ホテルに入ったものの、「結局なにもなく」清いままで別れ・・・

 

秋山と爽はお互いの「恋」を忘れて、べつべつの人と未来を築くことを選ぶ。


30巻の感想

29巻で爽が言っていたとおり、秋山との関係は「最後まで清い交際」で終わっており、夫となったカズこそが「初めてのひと」だと真実が明かされました。

 

瑠衣が異常なほど激高して「このホテルで何してたの!」と浮気をつめよる妻くらいの勢いで秋山を責めていたけれども、もう頭がおかしすぎてついていけませんね。

しかもそれって、10年前のこと。

 


その後10年間、

「お兄ちゃんがお兄ちゃんがお兄ちゃんがあいつと!」

 

とネチネチ執念深く恨んでいたのかと思うと、異常を通り越しているしそれこそ「入院したほうがいいんじゃね?」的なただの粘着ストーカー女になりさがってしまいました。

 

どっちかっていうと恨むべきは、元カノの爽よりも現妻の美和子なんじゃないのかなと百歩譲って考えてみましたけれども、この執念深さなら本当は結婚する前に美和子と別れさせることもできたんじゃないのか?とも感じます。

 

そもそも、瑠衣は結局「お兄ちゃん」と一体、どうなりたいのか? 

ただのかまってちゃん?

 

自分と結婚してほしいのか、ただ愛してほしいだけなのか、「ねえ、じゃあ、どうしたいの?」と聞きたくなるほど支離滅裂です。

 

だからこそメンヘラと言えるのかもしれませんが・・・

 

いろんな意味で、今後の物語の展開の収束が見えてこないので、ドキドキしてしまいますね。

 

次回は9/30配信予定。

 

 

こちらの記事もオススメです

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com