片想いの牢獄で

漫画のネタバレ結末まとめブログ。

片想いの牢獄で 1話ネタバレ 光のさすへや ミズタマ作

片想いの牢獄で 1話 光のさすへやのネタバレです。

ミズタマ作の短編漫画集。

 

切ない片想いの物語が4つ入っています。

 

片想いの牢獄でのあらすじ 第1話 光のさすへや


優秀であるように、子供たちに笑顔でプレッシャーをかけ続ける母親。

そして、そのせいで受験ノイローゼになった兄が、妹の比奈子にこっそりと虐待をして憂さ晴らしをするようになる。

虐待は、日に日にひどくなっていく。

殴ったり蹴ったりは日常で、さらにはセクハラと、抵抗しない比奈子をいいことにやりたい放題だった。

比奈子は兄の虐待に押しつぶされそうになると、飼っている犬のソラと散歩に出かけた。

ソラが急に走り出していなくなり、探し回ると小日向、というクラスで不登校の引きこもり少年と出会った。

どちらかと言えばブサメンで、しかも無愛想。

けれどぶっきらぼうな彼の態度に、逆にホッとするようになり、比奈子はソラと遊びたがる彼の家に遊びに行くようになった。

部屋の中でプラネタリウムを見せてくれた彼に、比奈子は例え話を使って、自分が兄からひどい虐待を受け続けていることを彼に伝える。

「行くところがないなら、うちに来たら」

家に居場所がない、と感じている比奈子にとってそれは、心にしみるような言葉だった。


第1話の結末


だが、ある日大事件が起こる。

兄は比奈子をテニス部に入部させていたが、目当ては美人の先輩を自宅へ連れ込むこと。

比奈子は、兄が先輩に何をしようとしているのか、察していた。

先輩を襲わせる手伝いなど、できるものか!と初めて兄に逆らった比奈子だったが、報復に兄がソラを痛めつけた。

比奈子はフライパンで兄をぶったたくと、小日向の家に逃げ込んだ。

兄は小日向に「人生終わるぞ?」とニヤニヤしながら、向かってきたが、引きこもりで「どうせ詰んでる」と小日向は、兄をやっつけた。


兄は「階段から落ちた」ことになって入院し、比奈子は虐待から解放された。

そして兄の代わりに勉強漬けにしようとする母親に笑顔で、自分はあなたの期待に添えないと断る強さを得た。

小日向は家庭の事情で引っ越し、比奈子は彼が残したプラネタリウムを見ながら「ありがとう」とつぶやく。

1話の感想


兄のストレス解消の道具にされていた比奈子は、小日向のおかげで兄から解放されて「自由」を手に入れます。

兄のノイローゼの元凶である母親に対しても「ノー!」を突きつけ、恋とは女を強くするものだなー、と。

小日向の家庭も複雑で、彼は結局父親のいる田舎にいった様子が見受けられます。

あのプラネタリウムは父親の田舎の夜空とそっくり、と言っていましたから、比奈子がプラネタリウムを見るたびに同じ夜空を見ているのだな、とラブな雰囲気を感じました。

 

 

 

第2話の感想

www.kataom.com

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜29巻ネタバレ感想 瑠衣を裏切った秋山

秋山に「お兄ちゃんは裏切った」と責める瑠衣のお話。

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」29巻のネタバレ感想です。

 

つらすぎた虐待と子供時代を「兄の愛」だけを支えに生きてきた瑠衣にとって、「最大の裏切り」とは?


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」29巻のネタバレ

瑠衣はいつから「お兄ちゃん」が好きだったのか

 

公園にやってきた秋山に、瑠衣は唐突に自分がいつからお兄ちゃんを好きだったかわかる?と尋ねる。

 

虐待母のせいで無口だった子供のころ、「俺がついている」と言ってくれた兄だけが、ただひとつの光。

 

それなのに、兄はいつしか同級生の女とつきあいはじめ、誰よりもいとしそうにだきしめる。

 

「恋人」を見たことで、瑠衣にとって「お兄ちゃん」はひとりの男性になり、恋心を自覚。


爽は本当のママ発言は嘘だった!?


妻子をネタに、秋山を脅してホテルへ入った瑠衣は、以前の蛍太への「爽が本当のママ」発言を嘘だ、と笑う。

 

意味不明なことをしつづける妹に、「頭がおかしい」とゾッとする秋山。

 


秋山がついた嘘。爽と会わないと言いつつ・・・

 

イタリア留学に際し、離れていても瑠衣が「妹として」一番大事だし、「あいつ」とも会わないよ、と言った秋山の嘘が暴かれる。

 

無理やり連れてきたこの「ホテル」で、10年前に「爽と秋山」が朝までいるのを見たのだ、と。

 


秋山と美和子の仲をぶっ壊すための工作

 

あらかじめ撮影しておいた、「爽と秋山」の親密な写真を美和子に送りつける。

 

兄に異常なまでに執着する瑠衣は、あらたに「妻」に標的を変えていたのだった!

 


29巻の感想

 

瑠衣が異常すぎて、なんだか疲れてきてしまいました。

 

幼い頃に虐待されて、ただひとりだけ頼りにしていたお兄ちゃんを愛してしまった。そのお兄ちゃんを取られたから・・・

 

っていう設定なのはわかるけれども、大人になってまでこんなに執着するのは異常をとおりこして不自然なくらい。

 

瑠衣が秋山をひとりの男性として愛しているのはわかるけれども、さすがに感情移入しづらいなあ〜

 

高校時代の彼女だったからって、爽を大人になってから旦那奪って陥れる、というのもちょっと復讐の動機が薄いんじゃないかと。

 

「頭がおかしいから」と言われればそれで済んじゃうかもだけど、瑠衣がここまでやりたい放題、関わった人間の人生めちゃくちゃにしていく理由ってのがどうもしっくりきません。

 

まだ、このあとに裏話があるかもしれませんが。

 

 

蛍太くんの「本当のママ」エピソードもすごく衝撃的だったのに、今回で「嘘だぴょ〜ん」とばかりにひっくり返されてズッコケ。

 

こういうパターン、最近多くないですか!?? 

 

うーん、「ギルティ」面白いんだけど、最近ちょっと迷走気味っぽい感じがします。

 


やっぱりゲス男・カズがあっさりと退場してしまったせいで、どこか不完全燃焼感がありますね。

 

カズこそボッコボコにしてやんよ!って勢いで、瑠衣が復讐していったらスカッとしたと思うんですが、どうにもいまいち復讐に値する人物(爽や美和子)じゃないのに異常なサイコに粘着されているって雰囲気がぬぐえません。

 

恨んでいる理由もよくわからないまま、登場人物たちがサイコ女に粘着されつづけるって、結構気持ち悪いし、うつです。

 


あと、メインの話には関係ないけど、爽の同僚だというオヤジがやたら上から目線でイラッとしました。

 

元カレに惹かれていたけど清い仲だから浮気じゃないなんてのは、旦那よりタチ悪いなんて、どーいう理屈?

 

わたし、「浮気されたほうにも原因ある」なんて言う人、嫌いだわ〜

 

こういうひとって「いじめられる側にも原因がある」って言いそう。

 

爽の新しい職場は男社会バリバリみたいで、オッサン同士で通じるノリなんてついてけないですよねー。爽がかわいそうでした。

 

そろそろ、スカッとした展開がみたいですねー

 

次回は8/30配信予定。

 

 

こちらの記事もオススメです

www.kataom.com

 

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第4話のネタバレ感想

池田ユキオ作「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ」第4話のあらすじと感想です。

 

キラキラtuber同士のマウンティング勝負に決着! 

 

勝負に勝ったのはもちろん、まみりこでしたが・・・聖子のつぎは、「美人すぎるヨガママ・七香」が待ち構えていた!

#キラキラtuberまみりこ 第4話のあらすじネタバレ

キラキラ主婦のドロドロ素顔が暴かれ、どん底におちる聖子

 

「かなえママ」による、セレブぶったキラキラママ・聖子の不倫を告発する「藁人形日記」動画が配信され、さらにそれをまみりこが「あたしと友達とか言ってるケドー、知らない人」とうそぶいて拡散。

 

あっという間にキラキラメッキが剥がれ、ママ友たちからもつきあげをくらい動画配信者としての生命を断たれてしまう聖子。

 

動画は大炎上、それを知った夫からの離婚、そして遠くへ追いやっていたブクブクに太ったニート息子・まあちゃんによる家庭内暴力。

 

まさに、「どん底」へ。


「面白い」が正義!?なぜかPUSHはキラピカママCHへ

 

炎上して大スキャンダル中のキラピカママCHのイメージを落とし、自分が「PUSHに選ばれるハズ」と思っていたのに、選ばれたのはキラピカママCH。

 

なぜ、どうして? 新田社長が選ぶ「推しちゃんねる」なのに、まみりこが選ばれなかったのはなぜなのか。

 

とにかく面白ければ、注目されていれば、それでいい。

炎上中のキラピカママは、格好のネタであったのだ。


新しい好敵手・美人すぎるヨガママ・七香

みんなから追い出されるような形で去った聖子にかわり、お腹に赤ちゃんがいるプレママで、美人すぎるヨガママとして紹介される七香が現れる。

 

「まみりこの秘密」を知っていると聖子に話し、まみりこもまた七香の存在に気づく。

 

まみりこと、七香の因縁とは・・・?

 

#キラキラtuberまみりこ 第4話の感想

このお話の中で、一番かわいそうなのは利用されるだけされて、炎上でえらい目にあわされたかなえさんですかね。

 

もともとのルックスはそれほど悪くなかったみたいだけど、疲れ切ったおばさんに成り果てており、その落差の絵がエグい(笑)

 

聖子もあれほどセレブぶってお上品なふりをしていたのに、化けの皮を剥がされてからはお決まりのどん底エンド。

 

調子にのって、みんなに対してわがままにふるまい、えらそうにしていたツケがやってきた、という感じで聖子に関して言えば自業自得でした。

 

あと、まみりこっていまのところ、自分が主体でライバルを蹴落としてやる、と思っていますけれども、逆に誰かから攻撃されることは想定していないんじゃないかなー。

 

まみりこの弱み?あるいは知られたくない過去の秘密を知っている様子の七香は、まみりこにとって、最大の敵となるでしょう。

 

女同士の足の引っ張りあい、マウンティング合戦。

 

動画で目立ってキラキラ輝きたい、チヤホヤされたい、という配信者の道のりは険しいですね(笑)

 


来月も楽しみにしています!!

 

なお、この作品は「ワケあり女子白書 vol.23」に含まれています。

 

 

池田ユキオ先生の新作!占い依存のヤバイ女

www.kataom.com

 

前作 キラキラ後輩・サヤの転落ストーリー

www.kataom.com

 

前前作・キラキラ女子明日香

www.kataom.com