片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

片想いの牢獄で 3話ネタバレ くれぐれ ミズタマ作

ミズタマ作 漫画短編集「片想いの牢獄で」の3話 くれぐれのネタバレです。

うだうだな草食系の男性が主人公。

片想いの牢獄でのあらすじ 第3話 


仕事が毎日忙しく、女性と知り合うきっかけすらない職場で川野は、

「恋愛めんどくせー! 恋愛すっとばして嫁がほしい!!」

とクリスマスを前にして叫ぶ。

クリスマスに、漫画やアニメみたいに突然、未来から嫁が現れてくれないかな、とぼやきまくる。


職場の綺麗どころの先輩・月島はくすくす笑いながら、

毎日残業ばかりだから、出会いが無いのも仕方ない。

自分もクリスマスは予定がないし、という。


だがそれは、嘘だった。

クリスマス当日、月島は職場の上司とデートしており、あきらかにただならぬ関係であったから。


その夜はDVDを借りて、ひとりさみしく映画でも見ようと思っていた川野は、見なかったことにして立ち去ろうとした。

だが、月島のほうが気づいてしまい、慌てておいかけてきて「なんでもするから、誰にも言わないで!」と口止めしようとする。


あくまで草食系な川野は、じゃあ一緒にこの映画をみてほしいとリクエストし、すぐ近くにあったホテルでDVDを見るはめに。

第3話の結末


月島と上司の関係がショックで、映画になんてとても集中できない川野。

月島はとにかく、秘密をバラさないでほしいと懇願し、頼んでもいないのにいろいろしてくれようとする。



じつは入社以来、先輩として指導してくれた彼女にほのかな想いをよせていた川野は、彼女が必死になって隠そうとするのは上司のためなんだ、と思うとなおさらやるせなくなる。

「嫌だったら突き飛ばして」

と・・・


第3話の感想


「嫁がほしい」と口先で言いながらも、本当は好きな先輩がそばにいて、フラれるのが怖くてずっと何も言えずに過ごしてきた川野。

とことん草食系?で、せっかく月島の弱みを握ったのに「思い出」だけで満足してしまったようです。


月島も上司に対して、行き場のない片想いをしていて、辛い片想いを知っているからこそあえて川野は彼女の弱みにつけこまなかったのかもしれません。

報われない恋って、はたから見ていても切ないものですよね。

 

第4話の感想

www.kataom.com