片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜3巻ネタバレ 丘上あい

丘上あい作「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」3巻のネタバレ感想です。

夫と親友のふたりに裏切られていることに気づかないまま、夫の不貞を疑わない爽。

 

けれど、自分のバッグにGPSが仕掛けられていることがわかり、はじめて夫を疑います。

GPSを入れたのは誰なのか。3巻で犯人が判明します。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」3巻のネタバレ

結婚したら片目を閉じなさいという母の記憶

爽の母親の記憶は、あまりいいものではない。

 

愛情をもらった思い出もなく、結婚するときに「結婚する前は両目を開いて相手を見て、結婚したら片目を閉じなさい」という奇妙なアドバイスをくれただけ。

 

つまりは、都合の悪いことは見て見ぬふりをしなさい、という意味であった。

 

夫を信じられなくなる爽

GPSを見ながら、爽はカズが本当にこれを仕掛けたのだろうかと思い悩む。

そして「チートン」という店の名前を知らないはずのカズが口にしたことも、気になっていた。

 

カズから「今日は接待で遅くなる」という連絡が来ても、今までのように手放しで信じることはできない。

何もかも勘ぐってしまい、怪しく感じてくる。


学生時代の友人に相談

爽は学生時代からの友人・若菜の家を訪ねた。

シングルマザーで小学2年の娘がいる若菜に、旦那との今の状態を相談するためだった。

GPSについても、「浮気をしているから、居場所を把握するために仕込んでいるとしか思えない」と、夫がクロだと断定する若菜。

 

「真顔で簡単に嘘つきそうな人だなと思った」

爽に相談されたことで、若菜は自分の本心を打ち明けた。カズは優しくて完璧な夫に見えて、どこか信用ならない人間に見えていた、と。

 

第三者からの評価を聞いて、爽は夫のことを見て見ないふりをしてきたのかもしれない、と悩む。

 

夫の嘘と大喧嘩

ちゃんと話し合いたい、とカズと話し合おうとしても、「疲れた」と取り合ってもらえない。

一方通行でみじめな気持ちになる爽は、それでもカズをランチに誘うが「会議で行けない」と断られて、ついカズの会社に電話をかけてしまう。

 

そして、「会議」が嘘だったとわかり、爽はついにGPSのことを持ち出してカズと大喧嘩になる。

あくまでも「知らない」としらを切るカズ。

 

弾みでカズの腕が爽の目に当たり、カズはGPSを壊してしまう。

だが、GPSを仕掛けた本当の犯人はカズではなく・・・


3巻の感想

やっぱり、と思ったとおりにGPSはカズが犯人ではありませんでした。

アイツだよね・・・。

嘘をつきながらも、ずっと続いていた夫婦関係が少しずつ壊れていく中で、爽の中にあった母親に対するトラウマも出てきました。

 

外国のことわざで「結婚したら片目を閉じなさい」みたいなのがあった気がするんですが、爽の母は娘に対して「でないと自分が馬鹿を見るから」という冷たいアドバイスをしたわけです。

夫が浮気をしても、見て見ぬふりをしたほうが楽でいられる、という意味でしょうか。日本的に言えば「臭いものに蓋をする」というほうが、しっくりきます。

 

お金持ちでイケメンで、優しい夫・・・というのは、これまで『片目で』しか彼を見てこなかったから。

 

爽は初めて、夫が本当はどういう人間なのかその本性に気づき、嘘で塗り固められた夫婦生活という泥沼にハマりかけます。

裏で糸を引いて笑っているのは瑠衣・・・4巻へつづく。

 

 

 4巻ネタバレ感想

www.kataom.com