片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ 28巻ネタバレ感想 蛍太が爽の息子なの!?

まさかの展開。 瑠衣の爆弾発言で、蛍太が爽の息子疑惑が!!

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」28巻のネタバレ感想です。

 

息子から「どろぼうさん」呼ばわりされた美和子が身を隠す。そして秋山と爽が急接近する目が話せない内容です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」28巻のネタバレ

蛍太を連れて逃げ出す美和子の思惑とは?

 

蛍太が瑠衣と接触したことに気づいた美和子は、息子を連れて「遠くへ」逃げ出す。

夫には「実家へ帰省する」とだけ、言い残して。

 

そして息子の口から、「おねえちゃんから聞いた、『本当のママの名前』」を聞いて青ざめる。

 


仕事で苦労する爽と、秋山からの鬼着電

 

移動先の編集部で、スキャンダラスな噂に耐えつつも、苦手だった同期・守屋の手伝いにまわされる。

 

「元荻野」といやみったらしい名前で呼ぶ守屋にキレつつ、秋山からの鬼着電に気づく爽。

 

奥さんが急に出ていったことで、お店がまわらない、というヘルプ電話だった。

 


瑠衣の若かりしころの手紙

 

イタリアへ行く前の秋山にあてた、瑠衣からのけなげな内容の手紙。

 

「お兄ちゃんが、私のすべて」

という瑠衣の言葉には、今の瑠衣とは思えないほどのいじらしい手紙だった。

 

そんな瑠衣が、なぜあんなふうになってしまったのか・・・

 


泣く秋山となぐさめる爽、ふたりの距離が縮まる。

 

 

28巻の感想

え〜〜〜っ、っていうくらいに衝撃的なまさかの『本当のママは爽』疑惑。

 

でも、子供を産んでたら忘れるはずなんてないし、秋山と爽は別れてそれぞれの人生を歩んでいたのだから、物理的にありえないですよねえ。

 

瑠衣の言葉の裏側を読むべきなのか。

 

蛍太くんが爽の子供だと仮定した場合、産んだわけじゃなく「遺伝子上の母親」って可能性が高いです。

 

なんらかの事情で、爽の卵子を保管した病院があり・・・瑠衣がそれを使って産んだとか?

 

それとも、美和子自身が子供ができない体質で、爽の卵子で産んだとか、くらいしか思いつかないんだけど。

 

ホント「ギルティ」は予測不能な展開なので、何が起こっても不思議じゃないですね。

 

 

あと、美和子があやしすぎて、ダウト。

 

結構、腹黒そうな女性だし、いきなり蛍太くんを連れて逃亡するあたり、真っ黒な気がします。

 

息子が瑠衣から聞いた「真実」を話して青ざめていましたから、本当のことなのかなって思えます。

 

少なくとも、蛍太くんが美和子の本当の子じゃないことはほぼ確定っぽい。

 


でも、家を留守にしたことで、秋山と爽の距離が近づいたことは美和子にとって、のちのち大きなダメージになりそうですね。

 

もともと、ふたりは運命的に惹かれあっていたし、結ばれるのが自然な流れに見えてきました。

 

瑠衣は瑠衣で、「虐待母親に引き取られた期間」「秋山がイタリアに修行に行ってた期間」に何か瑠衣の人格を壊すようなとんでもないことがあったと伏線が引かれていました。

 

悪魔のようにふるまう瑠衣にも、なにがしかの理由があるのでしょう。

 

それにしても、蛍太くんが本当に秋山と爽の息子だった場合、どうなってしまうのかな。

 

子供がずっと欲しかった爽にとっては、奇跡的な出来事で、みんなの関係性が一気に変わってしまいますよね。

 

謎がありすぎて、来月まで待つのが辛い〜! 

 

読者もじりじりしているので、更新がんばってほしいです!!応援しています!!

 

次回は7/30配信予定。

 

 

こちらの記事もオススメです

www.kataom.com

 

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com