片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ 27巻ネタバレ感想 美和子が瑠衣と同じくらいヤバイ女

何者かに連れ去られてしまった秋山の息子・蛍太を探すため、全力で動く大人たち。

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」27巻のネタバレ感想です。

 

誘拐犯を追っていく中で、見えてしまった秋山の妻・美和子の「ヤバイ本性」。

爽の前に「新たな敵」が立ちはだかる予感です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」27巻のネタバレ

息子が誘拐され、うろたえる秋山夫妻

 

トイレに連れて行った隙に誘拐されてしまった蛍太。

 

美和子は自分の責任だ、と泣き、秋山はうろたえながらも警察に連絡するとともに、「瑠衣」のもとに走る。


もぬけのからになっていた瑠衣の部屋

 

若菜から連絡をもらって秋山と合流した爽。

 

不安がる秋山を叱咤激励しながら瑠衣の部屋に向かったものの・・・そこはすでにもぬけのから。

瑠衣は消えていた。

 

見つかった!けれど「空白の時間」

 

警察から迷子を保護した、とホッとひといきつく大人たち。

とくに事件性はない、と言われるものの、「瑠衣の関与」を疑わずにいられない爽。

 

蛍太が消えた「空白の時間」に「あること」が起こっていた。

 

見え隠れする美和子の「ヤバイ」顔

 

蛍太の帰りを待つ間、若菜から「秋山と爽」が過去に恋人同士だった、と聞かされ無機質な目になる美和子。

 

自分のせいでけいちゃんが、と謝る若菜の娘・恵那に対して誰にも聞こえないように「おまえが悪い」と吹き込み・・・


ギルティ27巻の感想

 

何これ、こわっ! ホントに怖い!!

 

普段、ニコニコしながら大人しそうな女性なのに、裏の顔はこれでしたか・・・。

 

恵那ちゃん、病んだおばちゃんのイライラのとんだとばっちりで、トラウマ体験になってかわいそう。

 

以前から思っていたけれども、美和子ってどこか得体がしれない雰囲気があって、今回の「子供に対する脅し&鬱憤晴らしエピ」の真っ黒い顔を見てしまっても「やっぱりそうだったか」って感じ。

 

こういう人って、一番イヤかも・・・

 

瑠衣もかなりヤバイ性格ですが、ある意味自分の悪意や性格の悪さに対して認めていて、あっけらかんとして正直と言えるし、美和子みたいに日頃は善人ぶっているのにじつはブラックって怖いですよね。

 

それにしても「どろぼうさん」って、なんのことなのかな。どす黒い過去が掘り下げられたら、秋山とも離婚の危機?

 

瑠衣はなにか、美和子の「弱み」を握っていて、爽への嫌がらせのために美和子を使ってなにか仕掛けてくるでしょう。

 

美和子は異常に怯えていたし、きっと瑠衣の言いなりですね。

 


黙ってはいたけれども、美和子の「夫を爽に取られる」という警戒感MAXなのはすごく見てとれたので、自ら進んで罠にはめるとか、やらかしてしまいそう。

 

女の嫉妬のドロドロって、どうしてこうなのかしら・・・

 

蛍太を誘拐したのは寺島&瑠衣コンビで間違いないはずですが、さすがに警察沙汰にならないようにうまく事を運んでいて、相変わらず悪知恵だけはピカイチでした。

 

瑠衣による復讐が一段落した、と思ったら、今度は秋山の妻が出てきて、爽の道はまだまだ前途多難。

 

やっと爽が前向きに人生を生き始めたのに、つぎからつぎへと困難が絶えないですね。

 


次回も30日配信予定となっています。

爽の幸せはいつ、やってくるのか・・・

 

 

こちらの記事もオススメです

www.kataom.com

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com