片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす(漫画)26巻 ネタバレ感想

やっと爽の反撃モード!という雰囲気になってきた前回までのお話。

 

初めて「瑠衣の策略」を出し抜いて、病院から母を救い出した爽でしたが・・・新たな職場であらら、な大展開。

 

そして、爽の親友・若菜と秋山がお互いに子連れでバッタリ出会ってしまい、大きなトラブルが。

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」26巻も、大波乱な内容です!


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」26巻のあらすじ・ネタバレ

若菜と作戦会議する爽

 

若菜の家で世話になり、瑠衣が病院の職員として母のそばで仕掛けていた策略を話す。

 

若菜は秋山に話すべきだ、とうながすも、爽は「瑠衣も苦しんでいたから」と、それ以上の追撃はしないという。


新しい職場は、色んな意味で大変だった

異動先の新しい職場で挨拶する爽。

週刊誌、という畑違いだけではなく、「色眼鏡」で見てくるむさいおっさんたち。

 

さらに雑誌の内容は「完全に男性向け」であり、女性である爽にとってはテンション下がりまくりなシロモノ。


瑠衣、寺嶋にさらなる悪事を指示

 

「もう降りる」という寺嶋に瑠衣は許さない、と新たな指示を出す。

 

爽に出し抜かれて苛ついていた瑠衣は、「恐ろしいこと」を企んでいた。

 


秋山夫妻と遭遇する若菜

デパートの子供向けショーで、偶然秋山夫妻に出会う若菜。

気を利かせて、子どもたちをみていてくれるという美和子。

 

だが、ふたりでいろんなことを話しているうちに、「けいた」が何者かに連れ去られ・・・

 

26巻の感想

爽がやっと不幸モードから抜け出しつつあるのが嬉しい、と思ったのもつかの間、なかなか一気に元通りとはいかないのが現実ですね。

 

新しい職場は無愛想で「スキャンダルニュースにすっぱ抜かれた旦那に浮気されて離婚した妻」という色眼鏡の中、まさかあんな仕事を押し付けられるとは・・・

 

でも、修羅場をくぐりぬけてきた爽にとっては、その程度のことはへのカッパですよね(笑)

 

むっちゃ強くなっているし、若菜という力強い親友もいてくれるし、秋山もある程度の事情をわかっていてくれている状況なんで前進しています。

 

 

けど、それにしても今回の瑠衣は、「本当にやっちゃいけないことをやっちまったな」状態でしたね。

 

子供に手を出すのか〜。

子供だけは、さすがにイカンですよ。

 

これまで傍観者を気取っていた秋山も、自分の息子を人質に取られたようなものだし、涼しい顔で「許してやってくれ」なんて言えませんよね。

 

瑠衣の闇が深すぎて、もう倫理観とか全部なくしてしまっているし、秋山が言う通り「化け物」と呼ばれても仕方ないかも。

 

罪に罪を重ねていって、瑠衣は一体なにがしたいのか、最後にどう決着をつけるつもりなんだろうかとハラハラします。

 

爽が誘拐のことを知ったら激怒するだろうし、秋山と妻の美和子ももちろん、全力で我が子を探そうとするだろうし。

 

誘拐事件になるから、普通にサスペンスですよ〜。

 

次号から一気に展開が大きく変わっていきそうな気がします。

 


次回も30日配信予定なので、待ち遠しいです。

 

 

 

こちらの記事もオススメです

www.kataom.com

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com