片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ 21巻ネタバレ感想 裸の王様は一体誰なのか!?

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」21巻のネタバレ感想です。

今回のお話は、様々なことが判明したあとでの情報の整理、といった内容。

 

爽は若菜・優希という友達も取り戻したし、冷静にカズとも話し合いできる状況へ。

 

自分の人生をめちゃくちゃにした瑠衣の正体も明らかになり、さらに「寺嶋」の正体も!

 


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」21巻のネタバレ

ひたすら瑠衣をかばう秋山にあぜん

秋山の妹だった、という衝撃の事実。

 

そして、秋山はメール一本で「あいつのしたことを謝る」と済ませようとしてくる。

大事な妹だから、とかばう秋山に不信感しかわかない爽。


今までのできごとの裏とり開始

若菜に励まされ、ひとつずつ判明した事実を確認していこうとする。

 

爽は優希に会いにいき、彼女の姉とカズとの不倫関係、そしていつ子供がいるのを知ったのか情報を整理していく。

 

教えなかったのは、「いい子の爽が嫌いだったから」と。

そして、そのときすでに「瑠衣」の接触が始まっていたことを知る。

 

カズとの冷静な話し合い

今まで得た真実を、すべてカズに会って話す爽。

すべては、爽を陥れる罠としか思えないと。

 

そして、寺嶋の話になったとき、彼の「下の名前」を聞いてカズは絶句する。


21巻の感想


「裸の王様に向かって叫んだ子供」が瑠衣だとしたら、「裸の王様」は爽のことなのかな。

 

エリートイケメンと結婚して、幸せを手に入れたはずの女・・・でも、その裏では旦那はじつは結婚歴があって子供まで捨てて、浮気して。

 

何も知らずに幸せを享受している爽を見て、「馬鹿だな」と言わずにいられなかった瑠衣。

 

カズと案外冷静に話し合いしてはいたけれども、相変わらず反応がクズすぎて、やっぱり爽との復縁はやめてほしいなあ〜とあらためて思いました。

 

この期に及んでまだ自分が悪者だと理解していないみたいだし、全然反省してないっぽい。

 

秋山のことを心の支えにしていただけで、「おまえも浮気みたいなもんだろ」という方向にもっていこうとしていくのがあざとすぎ。

 

でも、前回から急にストーリーが進展してきて、読んでいて初期のワクワク感が戻ってきた感じで更新がますます楽しみになってきました。

 

やっぱ、謎が謎のままだとスッキリしないからなー

 

今回は友達のおかげで爽の精神もだいぶ安定してきたし、「強く」なって行動している爽が頼もしい。

 

寺嶋が「一体誰だったのか」という正体も判明して、復讐の動機も見えてきたわけだけど、寺嶋のターゲットは爽ではなくてもちろんカズ。

 

ということは、爽が追い詰められてボロボロにされてきた今までのストーリーの流れから一転、カズがボロッボロに追い詰められまくる展開がやってきたりして。ワクテカ。(◇v◇○)

 

正直、待ってました!って感じ。

 

 

次回の配信、11/30が待ち遠しいです!!

 

 

22巻ネタバレ感想

www.kataom.com