片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜14巻ネタバレ感想 丘上あい

居場所を奪われ、追い詰められていく爽の前に現れたのは秋山だった――

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」14巻のネタバレ感想です。

 

爽の味方のフリをしながら、爽を陥れるために裏で嫌がらせをはじめる女の存在。

瑠衣が定期連絡していた相手とおぼしき共犯者が出てきて、爽がさらに窮地に陥ります。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」14巻のネタバレ

 

精神病院ですっかり壊れてしまった母親を見舞って、いまだに「父が出ていったのはあんたのせい」と責め続ける母に言葉もない爽。

 

落ち込む爽に、励ますようなタイミングで秋山からメッセージが入る。

 

締切直前に、データ消失騒ぎを起こしたり、撮影でヘアメイクが来ないトラブル発生など、「らしくないミス」を頻発して怒られてしまう。

 

結の親身なサポートで乗り切り、秋山に仕事の愚痴をこぼす。

 

そんなおり、病院から母が首をくくろうとした、と連絡がはいり・・・

 

14巻の感想

 

味方のふりをしている敵ほど、厄介なものはない、と感じる今回のお話。

仕事の後輩として頼りにしていた結は、表面上はサポートしたり「好き」なフリをしていたけれども、じつは敵側だったという展開。

 

たぶん裏で瑠衣とつながっているんだろうな、という察しはつくし、同僚の寺嶋に対して気がある様子もあって、嫉妬する描写もあったので、それで爽を恨んでいるのかな。

 

あと、爽の母親。精神病院に入っていて病んでいるのはわかるけれども、見ていて辛すぎ。

自分の夫が浮気して?出ていったのを、全部娘のせいにして罵倒する母って、見事に毒親です。

 

こんな母のもとで育った爽が強い女性になった、というのもよくわかります。

 

暴れる母親を見て、「わたしも(あんなふうに)暴れたんだよ」と恥じているあたり、かわいそうでした。アレとは別物だと思うんですけどね。

 

なんにしろ、爽にとっては試練の連続で、なにか明るい話がひとつでもほしい感じ。


秋山がやたらと爽に優しくなって、傷ついている爽がフラフラしてしまいそう。

元カレなので爽のことをよく理解しているし、爽が夫に対して見せないような気安い態度をとれるのも秋山だけ。

 

すっごく「このまま、秋山とくっついてしまえば」と思ってしまいそうな雰囲気なんですが、脳裏に警報が鳴ります。この人も、ひょっとして爽をひどく裏切るんじゃないかって。

 

登場人物が全員裏切り者、というテーマなだけあって、出てくる人たちみんなが疑わしすぎます。

爽の味方になってくれそうなのは若菜とマスターくらいですが、彼らも土壇場でどうなることやら。

 

月イチ更新になってしまったので、たしかに焦れてしまいますね〜! 

毎回いいところで終わってしまうだけに。

 

読み始めたら最後まで読みたいタイプなので、作者さんにしっかりお付き合いしますよ!!

 

来月も待っています!

   

 15巻のネタバレ

www.kataom.com