片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜12巻ネタバレ 丘上あい

11巻の展開が衝撃すぎて、更新までが超長かった!!

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」12巻は、カズくんがなんであんなに浮気しまくりなクズ夫になってしまったのか、そのトラウマだらけの子供時代から、爽と結婚するまでの過去が詳しく語られる物語です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」12巻のネタバレ

 

厳格な父に虐待されて育ったカズは、大人になって両親の支配から逃れようともがいていた。

だが、自分を常に支配しようとする父のせいで、好きでもない上司の娘と無理やり結婚させられて息子まで生まれる。

 

大嫌いな父に利用された挙げ句に、父の血を継ぐ子供なんて、かわいいわけがない。

自分に言いなりの妻は、弱くて子供を守ることもできなかった母親そっくりで、耐えきれず浮気の果てに離婚。

 

全部捨てて、出会ったのが爽だった。

今まで見たことのない、綺麗で強い「完璧」な女性。

 

すぐ夢中になり、結婚して幸せを感じていたのに・・・

 

「子供」を欲しがるようになって、爽との関係がめちゃくちゃになってしまった。


12巻の感想


虐待する父親に、自分を守ってくれない弱い母親・・・

 

カズの過去を知って「カズくん、カワイソー」「でもカズはやっぱりヒドイ!」の両極端に感想が分かれそうなお話ですね。

 

自分の中にある「父親の血」を毛嫌いするがゆえに、カズは「自分の血をわけた子供」に対して嫌悪感があって、それが異常なまでの子供嫌い(というか「子供欲しくない」)につながっていました。

 

親の支配がカズにとっての恐怖・トラウマであり、そこから逃れるために努力しつづけて成績トップで、成人してからも会社で優秀な存在になっていてそこは偉いですよね

勧められたお見合いがじつは父親からの差し金だった、というのがカズの心を壊してしまって、なし崩し的に「浮気男」への道へ入ってしまいました。

 

心に傷があると、なにかべつのものにすがりたくなるというか、ストレスのはけ口が女遊びしかなかったということなんでしょうか。

うまくいっているときもあったんだろうな・・・と、若き日々の結婚前のカズと爽の笑顔をみると「幸せ」でいっぱいでした。

 

その「幸せ」は、カズが置いてきた元妻や子供の不幸のうえに築かれているわけで、いつか破綻しないはずもなく。

案の定、爽が子供を欲しがり始めたところでだんだんうっとうしくなってきて、瑠衣と浮気して全部がダメになっていってしまった、という泥沼パターン。

 

最初からクリーンで隠し事のない関係からはじまっていれば、こんなことはなかったんだろうなあ。

結婚って、お互いに正直になんないとダメなんだなって感じます。


今回は結局、カズの話だけで終わってしまったので、今の爽サイドの気持ちがどうなってるのかぜんぜんわかりませんでしたね。

 

11話で爽がどうなっちゃんだろう!とめちゃくちゃ気になっていたんで、また次回にお預けかぁ・・・

 

置き手紙でしばらく別居生活に入るっぽいけど、母親は病院で実家に戻るってことはなさそう。若菜のところに居候? 

爽にとって、かなりキツイ展開に入りそうですよね〜

 

つぎの更新がまた長い(笑)

  

 

ギルティ13巻のネタバレ

www.kataom.com