片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

#港区会デビュー第5話ネタバレ ストーカー被害までキラキラネタにする女子

池田ユキオ先生の傑作SNSキラキラ女子漫画!

「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー」5話のあらすじ・ネタバレ感想です。

 

特別なキラキラ輝くワタシ!を忘れられないサヤは、転落してもストーカー被害までキラキラネタにしてSNSで注目を集めようとします。


「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー」5話のあらすじ・ネタバレ

ストーカー被害をネタにフォロワー増加!を喜ぶサヤ

 

ストーカーこわい、早く逃げて!

かわいいから狙われるんだよ〜通報して!

 

ストーカーのおかげでSNSネタができたサヤは、これ幸いとばかりに被害状況をフォトスタへアップ。

 

みんなからの心配コメントにうっとりとしながら、「もっと刺激的な写真を!」と注目集めに夢中になる。

 


中山の仕事復帰と詩織の励まし

 

サヤに突き落とされた中山が怪我が治って復帰したものの、中山はサヤが犯人であることは否定。

 

詩織と一緒にサヤのアパマンへ。

 

ストーカー被害の写真を「映え映え映え〜」とアップしまくるサヤの現場を見てしまう。

 

サヤのフォトスタを見て心配しているという詩織は、「大注目」だと最高の励ましをくれる。

 

みんな、「いいね!」をして応援していると・・・

 

「misaki」にブロックされてキレるサヤ

 

あともう少しで、憧れていた「misaki」の世界に行けたのに。

 

みじめなカップ麺プー太郎生活で、追っかけてくるのはストーカーだけ。

 

あたしたちみたいな目立つキラキラ女子は、おかしな人につきまとわれてしまいますよね?

 

と、「misaki」にアドバイスを求めるものの、無視され、汚い言葉で責めたせいでブロック。

 

「misaki」に助けてほしくて、夜の街を探しさまようサヤが見たものとは・・・

 


5話の感想

 

フォロワーが増えて、ノリノリで自分の不幸(ストーカー被害は本来不幸だけどサヤにとってはSNSで注目を集めるためのただのネタでしかない)をSNS映えに変換してしまうキラキラ女子。

 

「注目されている!」

 

喜んでいるのは本人だけで、じつはみんなサヤを「ヤバイ人」だと面白がっているイタすぎる状況。

 

完全に破滅する一歩手前、といった感じの展開。

 

神視点で読んできた読者からすれば、サヤが先輩たちにいいように利用されてきたのはすでにわかりきっていましたが、今回サヤが向き合いたくない事実に無理やり向き合わされてしまう内容です。

 

「misaki」に憧れて、親友になれるつもりでいたサヤにとって、無情のブロック(笑)

 

ブロックしてもアカウントさえ変えれば見れちゃうんでしょうけど、こんな風に拒絶されてしまうのは、脳内で「misaki」のパートナーとしてキラキラ女子セレブになりきっていたサヤには大ダメージです。

 

さらに、まさかの「生贄ちゃん」扱い。

 

高級なセレブのパーティに招待されるために、サヤは体のいい生贄だった、というわけなんですね〜。

 

人間は「欲」に振り回されると、いいように扱われ利用される、ということでしょうか。

 

 

ピエロアイコンのストーカーは、サヤの表も裏も知り尽くしていて、ある意味で誰よりもサヤの理解者。

 

「悪いコだ。そこが好きだよ♡」

と、ゾワ〜っとくる発言でホント、誰なんだろうって感じ。

 

派遣の中山もめっちゃ怪しいし、そろそろ真相が明かされてスッキリしたいなー

 


なお、この漫画は「ワケあり女子白書 vol.14」に含まれている作品です。 

 

 

前作の感想

www.kataom.com