片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー第3話ネタバレ

非日常のキラキラな世界から一転、ニセ裏垢がまき散らした悪評のせいで仕事も恋も失ってしまうサヤ。

 

池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私 続編 ♯港区会デビュー」第3話では、崩れ落ちるSNS上のキラキラ世界と、それでもSNS命なサヤのおかしさが描かれているお話です。

 

あらすじネタバレと、感想をこちらでご案内します。

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 続編#港区会デビュー3話のあらすじ

炎上で増加したフォロワーを喜ぶSNS命なサヤ

 

セレブたちとサヤの写真をアップした偽物の裏垢によって、ネット大炎上してしまったサヤのSNS。

 

この女の人生終わった、と揶揄されながらも、サヤの反応は普通の女子と違っていた。

 

みるみるうちにフォロワー激増。こんな数字・・・見たことない!

 

 

炎上自体には困っているのに、増え続けるフォロワーに喜ぶ真のキラキラ女子・サヤ。

 


セレブたちから約束を反故にされるキラキラ女子の転落

 

営業でトップになっていたサヤは、セレブたちから一斉に約束を反故にされて「仕事はなかったことに」される。

 

それでも、キラキラ世界で非日常を味わいつづけるため、サヤは彼らの言いなりになるしかなかった。

 

この世界には「対価」が必要なのだと思い知らされながら。

 

派遣の中山に仕事と恋を横取りされたサヤの爆発

 

サヤにとって最も許しがたいこと。

それは「たかがハケン」の中山の風下に立つことでした。

 

仕事をとられてしまい、中山は成功をおさめて称賛される。

挙句の果てには、彼氏だった徳井までもが「あの女より、君が好き」と中山に告白。

 

ズタボロになったプライドを守るために、サヤは邪魔者を消そうとします。

 

#港区会デビュー3話の感想

 

キラキラ女子生命が終わりを迎えつつあるサヤ。

 

常人なら耐えられないほどのネガコメばかりでしたが、本物のキラキラ女子にとって「注目される!(それが悪い評判でも)」=「善」なんですね〜。

 

ネットではみんなから閲覧されること、目立つことが最優先で「炎上芸人」なんてのもいるし、サヤの反応は正しいのかな? 

 

誰も見てくれないSNSなんて意味がない、という感性がキラキラ女子なのでしょうか。

 

結局、裏垢はすぐ消滅して犯人はわからないままになってしまいますが、サヤが今のところ疑っているのは「明日香」です。

 

前のキラキラ女子で破滅した明日香でしたが、サヤのアカウントを監視しているっぽくて怪しさ満点です。

 

派遣の中山にもサヤを追い落とす動機はあるし、誰が犯人でもおかしくはないですよね。

 

とりあえずサヤは「あれは偽物です!わたしは負けません!!」と宣言して炎上をやり過ごすつもりですが。

 

勢い余って中山に取り返しがつかないことをしてしまうし、あやしげなアカウントに絡まれたりしているし、次回も波乱の予感が満載です。

 

つぎの4話あたりで、犯人が誰かわかったらいいですね〜。気になりすぎるんで。

 

 

4話の感想

www.kataom.com