片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

漫画「ブラ婚」ネタバレ感想 第1話 蘭子

「恋愛がしたい」お嬢様・伊豆蔵すずが、3人のイケメンなおかつ曲者ぞろいの兄弟にふりまわされる濃厚ラブストーリー!

蘭子先生の漫画「ブラ婚」第1話「突然の再会」では、社長令嬢であることを隠して本物の恋愛を探しているすずが、「許嫁」のひとりと知らない間に遭遇してしまうお話です。


「ブラ婚」第1話のネタバレ

 

伊豆蔵すずは大企業の社長の娘で旧家のお嬢様。現在は素性を隠して普通のOLをしています。

玉の輿に乗る側ではなく「玉の輿に乗せる側」であることは誰にも知られたくなくて、周囲の女子たちに合わせて「王子様探し」中。

肩書きなんかよりも、普通の恋愛をしたい、とすずは願っていたのです。

 

すずの許嫁は一体誰!?

 

子供のころに父親に勝手に「許嫁」を決められていたすずは、歯車にがんじがらめになってしまう前にせめて、本当の恋というものをしてみたかった。

でも、ピンとくる相手は合コンなんかでは見つからず、周囲にいる男性といえばお隣さんの年下男子・誠吾がいるだけ。

 

誠吾とはどちらかと言えば癒し系で、お互いの恋愛相談をする「かわいい弟」ポジションで、恋愛は意識していない。

 

会社の新しい支社長・総一郎は、たしかに女子社員がキャーキャー言うほどカッコいいが、自分の素性がすぐバレる相手なんかとつきあいたくはない。

 

ある日、父親のドタキャンのせいで再会したのは小学生のときの友人・慎だった。

自分の家のことを知っていても、態度が変わらない素直な彼に一瞬ときめいてしまって・・・

 

「ブラ婚」第1話の感想


後日、父から自分がすでに「許嫁」に出会っていると告げられたすずは、誰が自分の許嫁なのかと戸惑います。

 

話の流れからして、誠吾・総一郎・慎の誰かなんだろうなあというのはわかりますが、一番気が合いそうなのは慎に見えますね。

でも、年下のかわいい誠吾も捨てがたいかも・・・!

 

セレブなお相手と出会って恋愛して結婚、という玉の輿が普通の女性が夢見る恋愛ですが、すずの場合は自分自身がセレブな家柄なので、逆に「自由恋愛」というものに憧れています。

セレブ家庭にはそれなりの苦労があるもので、自由に相手を選んで結婚するわけにはいかないという状況。

 

幼いころに許嫁を決められていても、相手の顔も名前も知らないすずは「誰が婚約者なのか」次回知ることとなるものの、予想外の「ブラコン」が立ちはだかることに。

 

え、こういう展開なの!?と、普通のラブストーリーに飽きてきたひとにおすすめなお話ですよー