片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

片想いの牢獄で 1話ネタバレ 光のさすへや ミズタマ作

片想いの牢獄で 1話 光のさすへやのネタバレです。

ミズタマ作の短編漫画集。

 

切ない片想いの物語が4つ入っています。

 

片想いの牢獄でのあらすじ 第1話 光のさすへや


優秀であるように、子供たちに笑顔でプレッシャーをかけ続ける母親。

そして、そのせいで受験ノイローゼになった兄が、妹の比奈子にこっそりと虐待をして憂さ晴らしをするようになる。

虐待は、日に日にひどくなっていく。

殴ったり蹴ったりは日常で、さらにはセクハラと、抵抗しない比奈子をいいことにやりたい放題だった。

比奈子は兄の虐待に押しつぶされそうになると、飼っている犬のソラと散歩に出かけた。

ソラが急に走り出していなくなり、探し回ると小日向、というクラスで不登校の引きこもり少年と出会った。

どちらかと言えばブサメンで、しかも無愛想。

けれどぶっきらぼうな彼の態度に、逆にホッとするようになり、比奈子はソラと遊びたがる彼の家に遊びに行くようになった。

部屋の中でプラネタリウムを見せてくれた彼に、比奈子は例え話を使って、自分が兄からひどい虐待を受け続けていることを彼に伝える。

「行くところがないなら、うちに来たら」

家に居場所がない、と感じている比奈子にとってそれは、心にしみるような言葉だった。


第1話の結末


だが、ある日大事件が起こる。

兄は比奈子をテニス部に入部させていたが、目当ては美人の先輩を自宅へ連れ込むこと。

比奈子は、兄が先輩に何をしようとしているのか、察していた。

先輩を襲わせる手伝いなど、できるものか!と初めて兄に逆らった比奈子だったが、報復に兄がソラを痛めつけた。

比奈子はフライパンで兄をぶったたくと、小日向の家に逃げ込んだ。

兄は小日向に「人生終わるぞ?」とニヤニヤしながら、向かってきたが、引きこもりで「どうせ詰んでる」と小日向は、兄をやっつけた。


兄は「階段から落ちた」ことになって入院し、比奈子は虐待から解放された。

そして兄の代わりに勉強漬けにしようとする母親に笑顔で、自分はあなたの期待に添えないと断る強さを得た。

小日向は家庭の事情で引っ越し、比奈子は彼が残したプラネタリウムを見ながら「ありがとう」とつぶやく。

1話の感想


兄のストレス解消の道具にされていた比奈子は、小日向のおかげで兄から解放されて「自由」を手に入れます。

兄のノイローゼの元凶である母親に対しても「ノー!」を突きつけ、恋とは女を強くするものだなー、と。

小日向の家庭も複雑で、彼は結局父親のいる田舎にいった様子が見受けられます。

あのプラネタリウムは父親の田舎の夜空とそっくり、と言っていましたから、比奈子がプラネタリウムを見るたびに同じ夜空を見ているのだな、とラブな雰囲気を感じました。

 

 

 

第2話の感想

www.kataom.com

ギルティ 27巻ネタバレ感想 美和子が瑠衣と同じくらいヤバイ女

何者かに連れ去られてしまった秋山の息子・蛍太を探すため、全力で動く大人たち。

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」27巻のネタバレ感想です。

 

誘拐犯を追っていく中で、見えてしまった秋山の妻・美和子の「ヤバイ本性」。

爽の前に「新たな敵」が立ちはだかる予感です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」27巻のネタバレ

息子が誘拐され、うろたえる秋山夫妻

 

トイレに連れて行った隙に誘拐されてしまった蛍太。

 

美和子は自分の責任だ、と泣き、秋山はうろたえながらも警察に連絡するとともに、「瑠衣」のもとに走る。


もぬけのからになっていた瑠衣の部屋

 

若菜から連絡をもらって秋山と合流した爽。

 

不安がる秋山を叱咤激励しながら瑠衣の部屋に向かったものの・・・そこはすでにもぬけのから。

瑠衣は消えていた。

 

見つかった!けれど「空白の時間」

 

警察から迷子を保護した、とホッとひといきつく大人たち。

とくに事件性はない、と言われるものの、「瑠衣の関与」を疑わずにいられない爽。

 

蛍太が消えた「空白の時間」に「あること」が起こっていた。

 

見え隠れする美和子の「ヤバイ」顔

 

蛍太の帰りを待つ間、若菜から「秋山と爽」が過去に恋人同士だった、と聞かされ無機質な目になる美和子。

 

自分のせいでけいちゃんが、と謝る若菜の娘・恵那に対して誰にも聞こえないように「おまえが悪い」と吹き込み・・・


ギルティ27巻の感想

 

何これ、こわっ! ホントに怖い!!

 

普段、ニコニコしながら大人しそうな女性なのに、裏の顔はこれでしたか・・・。

 

恵那ちゃん、病んだおばちゃんのイライラのとんだとばっちりで、トラウマ体験になってかわいそう。

 

以前から思っていたけれども、美和子ってどこか得体がしれない雰囲気があって、今回の「子供に対する脅し&鬱憤晴らしエピ」の真っ黒い顔を見てしまっても「やっぱりそうだったか」って感じ。

 

こういう人って、一番イヤかも・・・

 

瑠衣もかなりヤバイ性格ですが、ある意味自分の悪意や性格の悪さに対して認めていて、あっけらかんとして正直と言えるし、美和子みたいに日頃は善人ぶっているのにじつはブラックって怖いですよね。

 

それにしても「どろぼうさん」って、なんのことなのかな。どす黒い過去が掘り下げられたら、秋山とも離婚の危機?

 

瑠衣はなにか、美和子の「弱み」を握っていて、爽への嫌がらせのために美和子を使ってなにか仕掛けてくるでしょう。

 

美和子は異常に怯えていたし、きっと瑠衣の言いなりですね。

 


黙ってはいたけれども、美和子の「夫を爽に取られる」という警戒感MAXなのはすごく見てとれたので、自ら進んで罠にはめるとか、やらかしてしまいそう。

 

女の嫉妬のドロドロって、どうしてこうなのかしら・・・

 

蛍太を誘拐したのは寺島&瑠衣コンビで間違いないはずですが、さすがに警察沙汰にならないようにうまく事を運んでいて、相変わらず悪知恵だけはピカイチでした。

 

瑠衣による復讐が一段落した、と思ったら、今度は秋山の妻が出てきて、爽の道はまだまだ前途多難。

 

やっと爽が前向きに人生を生き始めたのに、つぎからつぎへと困難が絶えないですね。

 


次回も30日配信予定となっています。

爽の幸せはいつ、やってくるのか・・・

 

 

こちらの記事もオススメです

www.kataom.com

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第1話 ネタバレ感想

「ワケあり女子白書」で池田ユキオ先生の「ゴミ屋敷とトイプードルと私」の新シリーズ「#キラキラtuberまみりこ」編がスタートしました!

 

新たなる伝説をつくるヒロイン・・・『人気の動画配信者』ネットアイドルの「まみりこ」登場!

明日香、サヤともまったく違うヒロイン像に目が離せません!!

 

こちらでは第1話のあらすじと感想をご案内します。


ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第1話のあらすじ・ネタバレ

ウィーチューバーで再起をかける落ちこぼれアイドルもどき

 

落ちこぼれの地下アイドルだった「まみりこ」は、「人気動画配信者・ウィーチューバー」に活路を見出して「痩せていてかわいいのに大食い」という生配信ネタで人気を得ていた。

 

学生時代から一緒の冴えないブス・ちえを引き立て役に、ダラダラとトークしながらピザふた箱をぺろり。

 

いい笑顔の配信が終わると、速攻でトイレで吐く日常。

 

負け組だった地下アイドルグループ時代

地下アイドルグループ「バニラ&ミント」では、愛莉の引き立て役だったまみりこ。

美人でかわいくて、天使のようだと褒められていた愛莉はいまやトップアイドル。

 

グループ解散で夢が終わったまみりこが「上」に這い上がるためには、「動画配信」しかなかった。

 

「もっと上を目指す」チャンス到来!?

 

ある日、ヒットをバンバン飛ばす時代の寵児・IT社長の新田潤が自社開発の動画アプリでの配信をもちかけてきた。

まみりこにとっては願ってもいないオイシイはなし・・・

 

ライバルになるママ友ウィーチューバー軍団と火花を散らしつつ、わざわざ「レンタル・トイプードル」を借りてきて配信開始。

 

だが、そこにはまみりこをどん底に突き落とすような出来事が・・・


#キラキラtuberまみりこ 第1話の感想

 

最近のYouTuberの人気って目をみはるものがあって、動画配信サービスを題材にしたお話をもってくるあたり、さすが池田ユキオ先生(笑)

 

売れないアイドルだったまみりこが、底辺から成り上がるためになりふり構わず配信をする姿が見ものです。

 

親友のちえは学生時代からまみりこにいいように使われていて、いつもお願いされる立場で、たまに頼ると知らん顔をされる、という関係。

なんで友達してるの〜!って感じ。

 

まみりこみたいに大食いの芸人さんがいますけれども、裏方でじつは吐いていました・・・っていう話もよく聞きますよね。

 

明日香のように純粋に「注目されたい」だけではなく、とにかくアイドルとして再度輝きたい、という感じのまみりこ。

 

前作のヒロインたちと違って、自虐ネタで配信を盛り上げたりするスキルもあったり、めちゃくちゃ計算高い人間性でいろいろと今後の展開が楽しみになってきます。

 

一番おっかないのがママ友動画配信軍団(笑)で、みょ〜なくらいにキラキラを振りまくママさんたちが、ネイルサロンやらハンドメイドやらカリスマ主婦みたいな雰囲気で圧倒。

 

まみりこへのさりげない嫌味も、いい感じのスパイスです。

 

動画配信って、ネタが尽きたら「注目されるために何でもやる」みたいなところがあるので、まみりこがどんなやんちゃをするのか生暖かく見守りたいですね!

 

来月の第2話も楽しみにしています♪


なお、この作品は「ワケあり女子白書 vol.20」に含まれています。

 

 

前作 キラキラ後輩・サヤの転落ストーリー

www.kataom.com

 

前前作・キラキラ女子明日香

www.kataom.com

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす(漫画)26巻 ネタバレ感想

やっと爽の反撃モード!という雰囲気になってきた前回までのお話。

 

初めて「瑠衣の策略」を出し抜いて、病院から母を救い出した爽でしたが・・・新たな職場であらら、な大展開。

 

そして、爽の親友・若菜と秋山がお互いに子連れでバッタリ出会ってしまい、大きなトラブルが。

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」26巻も、大波乱な内容です!


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」26巻のあらすじ・ネタバレ

若菜と作戦会議する爽

 

若菜の家で世話になり、瑠衣が病院の職員として母のそばで仕掛けていた策略を話す。

 

若菜は秋山に話すべきだ、とうながすも、爽は「瑠衣も苦しんでいたから」と、それ以上の追撃はしないという。


新しい職場は、色んな意味で大変だった

異動先の新しい職場で挨拶する爽。

週刊誌、という畑違いだけではなく、「色眼鏡」で見てくるむさいおっさんたち。

 

さらに雑誌の内容は「完全に男性向け」であり、女性である爽にとってはテンション下がりまくりなシロモノ。


瑠衣、寺嶋にさらなる悪事を指示

 

「もう降りる」という寺嶋に瑠衣は許さない、と新たな指示を出す。

 

爽に出し抜かれて苛ついていた瑠衣は、「恐ろしいこと」を企んでいた。

 


秋山夫妻と遭遇する若菜

デパートの子供向けショーで、偶然秋山夫妻に出会う若菜。

気を利かせて、子どもたちをみていてくれるという美和子。

 

だが、ふたりでいろんなことを話しているうちに、「けいた」が何者かに連れ去られ・・・

 

26巻の感想

爽がやっと不幸モードから抜け出しつつあるのが嬉しい、と思ったのもつかの間、なかなか一気に元通りとはいかないのが現実ですね。

 

新しい職場は無愛想で「スキャンダルニュースにすっぱ抜かれた旦那に浮気されて離婚した妻」という色眼鏡の中、まさかあんな仕事を押し付けられるとは・・・

 

でも、修羅場をくぐりぬけてきた爽にとっては、その程度のことはへのカッパですよね(笑)

 

むっちゃ強くなっているし、若菜という力強い親友もいてくれるし、秋山もある程度の事情をわかっていてくれている状況なんで前進しています。

 

 

けど、それにしても今回の瑠衣は、「本当にやっちゃいけないことをやっちまったな」状態でしたね。

 

子供に手を出すのか〜。

子供だけは、さすがにイカンですよ。

 

これまで傍観者を気取っていた秋山も、自分の息子を人質に取られたようなものだし、涼しい顔で「許してやってくれ」なんて言えませんよね。

 

瑠衣の闇が深すぎて、もう倫理観とか全部なくしてしまっているし、秋山が言う通り「化け物」と呼ばれても仕方ないかも。

 

罪に罪を重ねていって、瑠衣は一体なにがしたいのか、最後にどう決着をつけるつもりなんだろうかとハラハラします。

 

爽が誘拐のことを知ったら激怒するだろうし、秋山と妻の美和子ももちろん、全力で我が子を探そうとするだろうし。

 

誘拐事件になるから、普通にサスペンスですよ〜。

 

次号から一気に展開が大きく変わっていきそうな気がします。

 


次回も30日配信予定なので、待ち遠しいです。

 

27巻の感想

www.kataom.com

 

#ラブと癒やしとホントの私 3話 最終回の感想と結末 明日香、まさかのヅラとは

池田ユキオ先生の漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私#ラブと癒やしとホントの私」が、とうとう最終回です。

 

輝いていなきゃ生きてる意味がない、という根っからのキラキラ女子・明日香の最後。

 

サヤ編と違って、3回でスッキリまとまっていて、いい終わり方だな〜と思いました。

 

こちらでは最終回のあらすじネタバレや感想、結末をご案内していきますね。


#ラブと癒やしとホントの私 最終回あらすじ・ネタバレ

 

体の弱いわが子が「アンジェウォーター」のせいで具合が悪くなった!と号泣してアンジェリングルに殴り込みする母親。

 

ただの水でそんなになるわけないでしょ、と追い返そうとする明日香を止めて、聖母のような笑顔で「好転反応だから大丈夫よ」と安心させようとする純深叶先生。

 

先生のヒーリングパワーと、みんなの思いをひとつにしてこの子に気を集めましょう、と怪しげな集会に変身。

 

救急車がやってきて、やっと、我に返る信者たち。

 

そして純深叶は明日香に「5千本の在庫」をきっちり売ってくるように、と脅す。

 

リョウヤはアンジェリングルに見切りをつけて逃げ、メディアで「詐欺師の女・A子」として、詐欺スピリチュアルビジネスのすべての責任と罪を背負わされる明日香。

 

純深叶に冷たく捨てられ、明日香は・・・


#ラブと癒やしとホントの私の結末

今までやらかしてきたこと、全部の責任を押し付けられて、大量の返品の山と借金、姉からの抗議電話、SNSでの炎上、詐欺師として警察沙汰になったうえに、尊敬していた純深叶が「全部明日香がやったこと」だとトカゲの尻尾切りをする。

 

キレた明日香は「純深叶の本当の正体」を暴露し、「ヅラ」を公開。

警察に追われ・・・

 


#ラブと癒やしとホントの私の感想

 

いや〜、読んで良かった!

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」シリーズで、初代キラキラ女子の明日香の行く末?がずっと気になっていたので、この続編で明日香の結末を知ってスッキリしました。

 

落ちぶれても、落ちぶれても復活する、まさに雑草のようなたくましさ(笑)

 

スピリチュアル系詐欺師として復活した明日香は、たしかに悪いことに加担してはいたんですけれども、全部が全部ウソじゃなかったというか、ラストで騙されたはずの女の子が「前向きに生きるきっかけをもらった」とお礼しにきてくれたことが象徴しています。

 

あやしさ満点のスピ商法ですけれども、それで実際に励ましの言葉をもらって元気になれるひともいますよね。

 

純深叶先生の正体は正直「こんなもんだろうな〜」って感じがしていたので意外性はありませんでしたが、ちゃんと最後にみんなから袋叩きにされたのでこれもスッキリ。

 

 

あと、じつは「一番のワル」だと思うのが、うしろで女性たちを操っている「リョウヤ」です。

 

純深叶が「もう使えない」と思ったら、すぐに「サヤ」をつぎの自分の商売のタネにしようとするとか・・・

 

明日香と同じく乗せられやすい?サヤは、あっという間にスーパースピリチュアルカウンセラーにさせられて大喜びでしたけれども、これも絶対に転落パターンですよね。

 

サヤも明日香もお調子者っていうだけで、芯から意地悪でもないし結構好きなんですよね〜

自分の欲望にひたすら素直なだけな人たち。

 

だから、どちらかっていうと、女性を食い物にして生きる本当のワルのリョウヤを明日香&サヤコンビでとっちめてほしいなって。

 

つぎにまた新たな物語がスタート予定になっているので、リョウヤに祭り上げられたサヤの末路が描かれるんだろうなって気がします。

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」、新たなシリーズがどんなものになるのか来月もチェックしていきますね。

 

新シリーズ登場!#キラキラtuberまみりこがヤバイ! 

www.kataom.com

 

※この作品は「ワケあり女子白書 vol.19」に含まれています。 

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす(漫画)25巻ネタバレ感想

「瑠衣の職場が爽の母の入院先」というヤバイ事実が発覚した前回のお話。

案の定、瑠衣は爽をさらに地獄へ落とすために動いていましたが、自分を苦しめるものの正体を知った爽は「先回り」するくらいに強くなっていました!

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」25巻のネタバレ感想です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」25巻のあらすじ・ネタバレ


爽の母を狙う瑠衣の魔の手!

爽が母の見舞いに行くと、「さやちゃんと夜お話している」「別の世界に行こう」と支離滅裂なことを言い出す。

精神がおかしいから・・・?と首をかしげる爽。

 

じつは、「夜の話し相手」が瑠衣で、瑠衣は「あの世へのいざない」を吹き込んでいたのだった!


今までの後始末と新しい事実

カズとの離婚、そして寺嶋が画策したカズのスキャンダル。

マンションを自分に残して、去っていったカズ・・・

 

仕事場への復帰は、「異動」という形で拒否されるも、編集長は数々の不審な爽へのいやがらせをすべて知っていた。

 

渡された「結の辞表」から、結の裏切りと贖罪の気持ち、そして「瑠衣が今何を狙っているのか」を知る。

 

先回りして母を救出する爽と瑠衣のバトル開始!

 

結のアドバイスにより、瑠衣に先回りして母を病院から救い出した爽。

計画がバレた瑠衣は歯ぎしりするも、「爽の宣戦布告」メールを見てバトルがはじまる。


25巻の感想

話とは関係ないんですが、今回のお話のカバーイラスト?の爽がボブになっていて、すごく素敵でした。

 

魅力的な大人の女性っていいですね〜。こんな感じになりたい(笑)

今度、こんな髪型にしてみようかな・・・春だし!

 

自分と秋山を引き離した毒母を半分憎む気持ちがありながらも、おかしくなった母の面倒をみつづけ、瑠衣からも守り抜いた爽が強い。

 

それにして、夜間、病院の職員であることを利用して爽のフリをしながら爽母を自分から「別の世界」へ行くように促している瑠衣が病みまくっていて怖かったです。

 

ホント、この女の憎しみの元って一体なんなんでしょうかね・・・何をされたらここまで人を憎むことができるのか。

 

「お兄ちゃん」である秋山からも結局、最低限の付き合い以外が拒否られて暴れて涙目。

 

それと比べると、爽は周囲の理解ある人たちから守られ、愛されて少しずつ幸せを取り戻している雰囲気で、二人の対比が際立ちました。

 

あとかっこいいなって思ったのが、「今までやられっぱなし」だった爽がついに反撃に転じたこと。

 

むき出しの悪意をぶつけてくる瑠衣に対して、挑戦状を叩きつけるかのように「潰せるもんなら、潰してみろやこらぁ〜(実際は違う言葉 笑)」みたいなメッセージ送っていてワクワクしました。

 

今まで瑠衣にやられてきたことの倍返しで、きっちりやり返してもらいたいですね〜!

 

26話の感想 

www.kataom.com

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒やしとホントの私 第2話ネタバレ 池田ユキオ

池田ユキオ先生のキラキラ女子転落漫画「ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒やしとホントの私」第2話のネタバレ感想です。

 

カルマと負のオーラを浄化したはずが・・・じつは『金満スピリチュアル』サロンだったというオチ。

 

いつのまにか「愛と癒やしのスーパーヒーラー」を目指し、あやしげなサロンで修行しつつ、うさんくさい水を信者にうりさばく明日香に、再び天罰が下るのか!?


#ラブと癒やしとホントの私(ゴミ屋敷とトイプードルと私)第2話あらすじ・ネタバレ

どん底復活劇で信者をだます明日香

 

わらわらと集まるヒーラーセミナーで、DV夫に虐げられ、無職で2人の子供を抱えデブスに成り果てていた大昔の純深叶の「どん底からの逆転劇」が語られる。

 

明日香にとっては「いつものこと」ながら、まるで「初めて聞く」ように「奇跡」を見せるスピヒーラーたち。

 

介護地獄にいた明日香もまた、泥臭い過去から「今の輝きを取り戻しつつある自分」に思いをはせる。

 

50歳でも美魔女になれる『アンジェウォーター』登場

 

あれほどまでに落ちぶれていたわたしが、これほどまでに美しく浄化され、輝くオーラをまとうようになった・・・

のは、『アンジェウォーター』のおかげ!

 

朝晩飲むだけで、あなたもスーパーヒーラー・純深叶先生のように輝く存在に・・・

 

1本1万円、という高額にビビる信者たちを「10年後の自分に投資よ!」とたきつけ、うまいこと売る明日香。

 

お金はお金を連れてくるの!だからもっと使いなさい!

 

純深叶先生の尊い教え。

 

お金はハッピーで満たされるほどに、お友達を連れてくるの!

だから惜しみなく使いなさい!

 

あふれる札束、寄り添うイケメンホスト。

 

明日香は先生とリョウヤから「あっすーは、幹部候補」と言われ、自分もスーパーヒーラーになるために「お水1000本のノルマ」を承諾するが・・・

 

#ラブと癒やしとホントの私の感想

 

明日香・・・いまのところ、「馬鹿な連中をだまして、うまいこと金をせしめている」つもりですけれども、どうみてもさらに上の連中から搾取されていますよね。

 

純深叶先生とリョウヤは、「幹部にしてやる」という甘いささやきでうまく明日香を操り、信者をだます大変な部分だけ明日香に押し付けている雰囲気。

 

上昇志向の強い明日香にとって、「幹部になって有名になれば、昔自分を見下したやつらを見返せる」という思いが強いモチベーションになっていて、だまされているのにも気づかない。

 

せっかく、「みじめなおばさん」化していた明日香から、地味清楚系スピ女子にきれいめになっていたのに、またどん底に落とされそう(笑)

 

これってきっと、最後には「きれいになれるわよ」とおだてて水を買わせた信者たちから袋叩きにされ、純深叶先生には悪事を押し付けられたうえにトカゲの尻尾切りをされて、悪徳スピ商法で逮捕の未来ですかね・・・

 

自業自得ですけど。

 

今回「サヤ」は登場しなかったんですが、元キラキラ女子二人組で純深叶先生に下剋上する展開も見たいかも。

 

次回がすごく楽しみです!

 

3話・最終回の感想

www.kataom.com