片想いの牢獄で

漫画「片想いの牢獄で」のネタバレ結末まとめブログ。

片想いの牢獄で 1話ネタバレ 光のさすへや ミズタマ作

片想いの牢獄で 1話 光のさすへやのネタバレです。

ミズタマ作の短編漫画集。

 

切ない片想いの物語が4つ入っています。

 

片想いの牢獄でのあらすじ 第1話 光のさすへや


優秀であるように、子供たちに笑顔でプレッシャーをかけ続ける母親。

そして、そのせいで受験ノイローゼになった兄が、妹の比奈子にこっそりと虐待をして憂さ晴らしをするようになる。

虐待は、日に日にひどくなっていく。

殴ったり蹴ったりは日常で、さらにはセクハラと、抵抗しない比奈子をいいことにやりたい放題だった。

比奈子は兄の虐待に押しつぶされそうになると、飼っている犬のソラと散歩に出かけた。

ソラが急に走り出していなくなり、探し回ると小日向、というクラスで不登校の引きこもり少年と出会った。

どちらかと言えばブサメンで、しかも無愛想。

けれどぶっきらぼうな彼の態度に、逆にホッとするようになり、比奈子はソラと遊びたがる彼の家に遊びに行くようになった。

部屋の中でプラネタリウムを見せてくれた彼に、比奈子は例え話を使って、自分が兄からひどい虐待を受け続けていることを彼に伝える。

「行くところがないなら、うちに来たら」

家に居場所がない、と感じている比奈子にとってそれは、心にしみるような言葉だった。


第1話の結末


だが、ある日大事件が起こる。

兄は比奈子をテニス部に入部させていたが、目当ては美人の先輩を自宅へ連れ込むこと。

比奈子は、兄が先輩に何をしようとしているのか、察していた。

先輩を襲わせる手伝いなど、できるものか!と初めて兄に逆らった比奈子だったが、報復に兄がソラを痛めつけた。

比奈子はフライパンで兄をぶったたくと、小日向の家に逃げ込んだ。

兄は小日向に「人生終わるぞ?」とニヤニヤしながら、向かってきたが、引きこもりで「どうせ詰んでる」と小日向は、兄をやっつけた。


兄は「階段から落ちた」ことになって入院し、比奈子は虐待から解放された。

そして兄の代わりに勉強漬けにしようとする母親に笑顔で、自分はあなたの期待に添えないと断る強さを得た。

小日向は家庭の事情で引っ越し、比奈子は彼が残したプラネタリウムを見ながら「ありがとう」とつぶやく。

1話の感想


兄のストレス解消の道具にされていた比奈子は、小日向のおかげで兄から解放されて「自由」を手に入れます。

兄のノイローゼの元凶である母親に対しても「ノー!」を突きつけ、恋とは女を強くするものだなー、と。

小日向の家庭も複雑で、彼は結局父親のいる田舎にいった様子が見受けられます。

あのプラネタリウムは父親の田舎の夜空とそっくり、と言っていましたから、比奈子がプラネタリウムを見るたびに同じ夜空を見ているのだな、とラブな雰囲気を感じました。

 

 

 

第2話の感想

www.kataom.com

ギルティ 28巻ネタバレ感想 蛍太が爽の息子なの!?

まさかの展開。 瑠衣の爆弾発言で、蛍太が爽の息子疑惑が!!

 

丘上あい先生の漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」28巻のネタバレ感想です。

 

息子から「どろぼうさん」呼ばわりされた美和子が身を隠す。そして秋山と爽が急接近する目が話せない内容です。


「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」28巻のネタバレ

蛍太を連れて逃げ出す美和子の思惑とは?

 

蛍太が瑠衣と接触したことに気づいた美和子は、息子を連れて「遠くへ」逃げ出す。

夫には「実家へ帰省する」とだけ、言い残して。

 

そして息子の口から、「おねえちゃんから聞いた、『本当のママの名前』」を聞いて青ざめる。

 


仕事で苦労する爽と、秋山からの鬼着電

 

移動先の編集部で、スキャンダラスな噂に耐えつつも、苦手だった同期・守屋の手伝いにまわされる。

 

「元荻野」といやみったらしい名前で呼ぶ守屋にキレつつ、秋山からの鬼着電に気づく爽。

 

奥さんが急に出ていったことで、お店がまわらない、というヘルプ電話だった。

 


瑠衣の若かりしころの手紙

 

イタリアへ行く前の秋山にあてた、瑠衣からのけなげな内容の手紙。

 

「お兄ちゃんが、私のすべて」

という瑠衣の言葉には、今の瑠衣とは思えないほどのいじらしい手紙だった。

 

そんな瑠衣が、なぜあんなふうになってしまったのか・・・

 


泣く秋山となぐさめる爽、ふたりの距離が縮まる。

 

 

28巻の感想

え〜〜〜っ、っていうくらいに衝撃的なまさかの『本当のママは爽』疑惑。

 

でも、子供を産んでたら忘れるはずなんてないし、秋山と爽は別れてそれぞれの人生を歩んでいたのだから、物理的にありえないですよねえ。

 

瑠衣の言葉の裏側を読むべきなのか。

 

蛍太くんが爽の子供だと仮定した場合、産んだわけじゃなく「遺伝子上の母親」って可能性が高いです。

 

なんらかの事情で、爽の卵子を保管した病院があり・・・瑠衣がそれを使って産んだとか?

 

それとも、美和子自身が子供ができない体質で、爽の卵子で産んだとか、くらいしか思いつかないんだけど。

 

ホント「ギルティ」は予測不能な展開なので、何が起こっても不思議じゃないですね。

 

 

あと、美和子があやしすぎて、ダウト。

 

結構、腹黒そうな女性だし、いきなり蛍太くんを連れて逃亡するあたり、真っ黒な気がします。

 

息子が瑠衣から聞いた「真実」を話して青ざめていましたから、本当のことなのかなって思えます。

 

少なくとも、蛍太くんが美和子の本当の子じゃないことはほぼ確定っぽい。

 


でも、家を留守にしたことで、秋山と爽の距離が近づいたことは美和子にとって、のちのち大きなダメージになりそうですね。

 

もともと、ふたりは運命的に惹かれあっていたし、結ばれるのが自然な流れに見えてきました。

 

瑠衣は瑠衣で、「虐待母親に引き取られた期間」「秋山がイタリアに修行に行ってた期間」に何か瑠衣の人格を壊すようなとんでもないことがあったと伏線が引かれていました。

 

悪魔のようにふるまう瑠衣にも、なにがしかの理由があるのでしょう。

 

それにしても、蛍太くんが本当に秋山と爽の息子だった場合、どうなってしまうのかな。

 

子供がずっと欲しかった爽にとっては、奇跡的な出来事で、みんなの関係性が一気に変わってしまいますよね。

 

謎がありすぎて、来月まで待つのが辛い〜! 

 

読者もじりじりしているので、更新がんばってほしいです!!応援しています!!

 

次回は7/30配信予定。

 

 

こちらの記事もオススメです

www.kataom.com

 

 

www.kataom.com

 

ギルティ1巻のネタバレへ戻る

www.kataom.com

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第3話 ネタバレ感想

まみりこぱくぱくチャンネル、社長への告白動画で人気急上昇!!

 

池田ユキオ先生の漫画「#ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ」第3話のネタバレと感想をご案内します。

 

ドジっ子を装って、あたかも「社長の彼女」と匂わせるまみりこ。

 

そして、聖子のキラピカママちゃんねるの内部分裂が!?


ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ 第3話のあらすじ・ネタバレ

ホントのことなんてどーでもいい!フォロワーさえ増えれば!

 

まみりこがわざとしくじったように見せかけた「告白動画」が話題を呼び、「まみりこぱくぱくチャンネル」は狙い通りに登録者数25万人を突破。

 

「キラピカママちゃんねる」なんて、もはや足元にも及ばない。

 

キャハハハ!フォロワーめっちゃ増えてる〜〜〜w

 

新田社長とも交際しているかのように、みんなが勘違いしてくれている。

 

みんなが知りたいのは「事実」なんかじゃない、おもしろければそれでいいだけ。

 

バレて炎上しようが、人気さえでればこっちのものなんだから。


あんな大食い女の動画に負けるなんて!地団駄踏む聖子

 

まみりこの快進撃に対して、キラピカママ・聖子は秘書とのつながりも役にたたずイライラしっぱなし。

 

ストレスをぶつけるように、ママ仲間のかなえを奴隷のようにこき使い、みんなの前で笑いものにする。

 

長年耐えてきたかなえの中には、聖子への憎しみがフラストレーションとして「藁人形動画配信」という形でくすぶっていた。


#キラキラtuberまみりこ 第3話の結末

 

新田社長に近づいて噂を本当にするため、秘書の上原にスケジュールを聞き出そうとするまみりこ。

 

偶然、聖子と上原のあやしい現場と、かなえへの下僕扱いをみてしまう。

 

それを利用して、かなえに聖子を裏切るように仕向けようとするが・・・


#キラキラtuberまみりこ 第3話の感想

 

育児や仕事で追い詰められたママさんが一番欲しい言葉って・・・『あなたは十分に頑張っている』そんなあたたかい言葉をかけるまみりこの、悪魔的策略が光っていました。

 

ウィーチューバーとして目の上のたんこぶである、キラピカママちゃんねるのリーダー・聖子をつぶしてしまえば、あとはまみりこの天下。

 

かなえに聖子を裏切らせて、スキャンダルをつくりあげれば、自分の手を汚すこともなくライバルをつぶせる、という算段が見えてきます。

 

まみりこ、末恐ろしい子っ。

 

社長の新田もまた、一筋縄ではいかない感じの男性で、まみりこがわざと自分との噂を立てたのは気づいている様子。

 

まみりことしては、世間に「社長の彼女」といううわさ話でまわりをかため、実際に既成事実にもちこみたいところ。

 

そんなにトントン拍子にうまくいくものかなあ、と思わないでもないですが、まみりこの度胸と実行力を考えるといい線にいきそうです。


来月も楽しみにしています!!

 

なお、この作品は「ワケあり女子白書 vol.22」に含まれています。

  

 

池田ユキオ先生の新作!占い依存のヤバイ女

www.kataom.com

 

前作 キラキラ後輩・サヤの転落ストーリー

www.kataom.com

 

前前作・キラキラ女子明日香

www.kataom.com

信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~第1話のネタバレ感想 池田ユキオ

池田ユキオ作 信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~1話のネタバレ感想です。

 

食事のメニューも、結婚相手も、仕事の細かいことまで「占い」にすべてをゆだねてしまうヒロイン。

 

占い師に電話で行動を指示してもらわないと、何もできない女の末路とは?

 

信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~1話のあらすじ・ネタバレ

 

占いの結果こそが人生の正解と信じて疑わない博美

 

36歳で食品会社のチーフをしている内田博美にとって、「占いは命」そのもの。

 

優良物件である公務員の大学教授とのデートで、メニューまで占い師に電話相談しているうちに逃げられ、仕事の会議でも占いをもとに企画してあきれられる。

 

同窓会の出欠も当然、占いがダメと言えばダメ。

 

占いこそが、わたしの自信の源であり、人生に正解をもたらすのだと強く信じている博美。


婚活で運命の人と出会うためなら邪魔者なんて排除!

 

お気に入りの占い師・ミストラル先生のアドバイスどおりに、「幸せの邪魔」をしている会社の後輩・山野里菜を契約切りにして追い払う博美。

 

もともと博美の占い好きを見下していた里菜は、「絶対幸せになんかなれない!」と捨て台詞を吐いていく。

 

これで、あとは「今年中に最高の運命の相手」と出会うだけ・・・

 


こんなハズじゃなかった!?運命の人は結婚詐欺師だった!

 

公務員だと名乗る宮前アキラと婚活パーティーで出会い、「この人が運命の相手」とのぼせ上がる博美。

 

会うなりすぐにプロポーズ、海外赴任へついてきて、とうますぎる話に、さすがのミストラル先生も「だまされている」と止める。

 

否定されてキレた博美は、手当たり次第にほかの占い師ショッピング。

 

結婚式場の予約をするため、とアキラに大金・300万を渡してしまうが、彼は煙のように消えて・・・


信じる者は、救われない!の感想

 

占い依存のヒロイン・博美は、普段は澄まし顔なのに、占いの結果と現実が一致しないだけでキレてヒスを起こしまくる顔がすごい。

 

占い、わたしも好きだったことがありますけれども、やっぱり心が弱っているときにこういうものは頼るものなんですね。

 

あの人はわたしのことが好きなのか、失業してもうどうしたらいいのかわからない、仕事は見つかるの?とか。

 

なにかに迷って、誰にも相談できずに頼れない状況だと、気軽に相談できる電話占いで勇気づけてもらえば元気になれる、という感じ。

 

占いそのものを否定するわけじゃなくって、占いで気持ちが安定して前向きになることで人生を良い方向へ動かしていければいいのですが、この漫画のように「何を決めるにも、まずは占いで」となると話は別です。

 

自分自身の意思や選択の結果ではなく、「占い」にすべてを任せてしまえば安心、という変な中毒性が心を蝕んでしまうと、行き着くところは博美のような結末ですね。

 

自分で努力したり工夫せずに「占いで決めたから何もしなくてもうまくいく」なんてありえない。

 

最後はすべてに裏切られて、何もかも失ってしまうわけですが・・・

 

このお話ってまだ1話目で、どん底の底にすでに落ちてしまったヒロインが、再び「八巻シオン」という占い師と出会って、再び騙されそうな雰囲気です。

 

結婚詐欺師にお金を巻き上げられ、ボロボロになった博美の前にあらわれて「つぎつぎと占いを的中」させる不思議な青年・シオン。

 

なぜ、こんなにも占いが当たるのか?

そのヒミツは2巻以降で明かされるでしょう。

 

新しい話が到着したら、また感想を書くのでよろしくおねがいします。

 

 

 

 池田ユキオ先生の代表作

www.kataom.com

 

オーガニックまみれの母性(漫画)ネタバレ感想 原ゆきの

行き過ぎた健康志向が『オーガニック地獄』を招いてしまう・・・

 

原ゆきの作 「オーガニックまみれの母性」は体にいい自然食にこだわりすぎるあまり、我が子を栄養失調に追い込んでしまうやりすぎ育児漫画です。

 

こちらではあらすじと感想をご案内します。

「オーガニックまみれの母性」のあらすじ・ネタバレ

行き過ぎオーガニック信仰のママ

 

学校の保護者会で、給食はオーガニックじゃない!と、子供に添加物のない安全な食を提供しないことに噛み付くひとりの主婦。

 

小向ママは小学生の息子・航の健康を守るために、カップ麺もポテチもコーラも与えていなかった。

 

家庭での食卓は、もちろん有機野菜に平飼いの卵、玄米にオーガニック調味料、基本はマクロビ食。

 

完璧なまでに「安全な食卓」だと、物足りないおかずにげっそりする夫と子供の不満を顧みずに自然食を信仰していた。


「自家製」にこだわりすぎてもはやオーガニック地獄

 

ある日、運動会でジャンクフードばかり食べさせるママの子供に航が負けてしまう。

 

もっとがんばらなくっちゃ!

と、完璧に安全な野菜を求めるために、とうとう畑から野菜づくりをはじめるが、素人仕事でヒョロヒョロ野菜ばかり。

 

もはや異常すぎる・・・ほとんど虐待に近い食事内容に家族みんなでやせ細っていく。

 

家庭崩壊!息子がとうとう限界に!!

 

自然食にこだわるあまりおかしくなっていく妻から心が離れていく夫。

 

そして、ろくな食事をさせてもらえず、お腹がすいた・・・ママ、と息子のかぼそい声が・・・・

※衝撃のラスト!あなた自身で読んでみてね!

 

「オーガニックまみれの母性」の感想

 

オーガニックって、わたしも好きで「健康にいいほうがいいよなあ」と買うこともありますけれども。

 

ここまで来てしまうと、本当に「異常」としか言えないレベルですよね。

 

無農薬無添加にこだわりすぎるあまりに、かえって子供の成長に害を与えてヒョロガリに育ってしまう、という本末転倒さ。

 

「一点の汚れもない、安全で安心な野菜」

 

を求めてしまうと、市場に出回っているものじゃものたりなくて、しまいには自分で作ってしまおうという思想に行き着くと、たしかにこれはもはや「信仰」と言っていいほどです。

 

このお母さんは「家族の健康と安全のため」という気持ちが強すぎて、その行き過ぎた愛情というのか、こだわりが身を滅ぼしてしまったんでしょう。

 

夫にはあきれられ、息子も離れて。

 

あと、本人がまったく反省していないのが一番おそろしい。

 

意外とこういうひとって、身近にいるものですし、怖い内容でした。

 

他、収録作のあらすじ・ネタバレ

 

この漫画は短編集で、ほかに以下のタイトルの漫画が収録されています。


「私ファーストな女~子供より私が優先ですがなにか?~/著:上野すばる」

子供よりもわたしが優先!と、自分がタワマン暮らしの「美魔女」と呼ばれるのが自慢な佳代子。

唯一、残念なのが娘の咲良がブスなこと。頭がいいのがとりえだから、見栄だけで娘に難関校の中学受験をさせるために塾に入れるが・・・

 

一言感想:人の目を気にしすぎると、自分の人生を生きられなくなる「残念な母」。

 


「育児の常識~ジェネレーションギャップ~/著:椎名あや」

 

育児に疲れる内山舞には、同じく女の子を出産したばかりの妹・亜衣がいた。「時代が違う」と何かと育児の方法でぶつかりあうふたり。

ある日、母乳にこだわりすぎて栄養不足になっていた亜衣の赤ちゃんに粉ミルクを与えようとしてトラブルが起こる。

 

一言感想:年代が違うと意見がだいぶへだたりがあるので辛いけど、なんだかんだハッピーエンドでよかった。

 

 

爪痕 -それでも結婚、続けますか? 第3話「想いの温度」ネタバレ感想

漫画「爪痕 -それでも結婚、続けますか?」ななしなあめ子(原作)/石川オレオ(作画)

妻を裏切る夫たちのクズっぷりが描かれている第3話「想いの温度」です。

 

気持ちが荒れて娘に八つ当たりしてしまうなつきと、嫌な予感に包まれているさやか。

そしてなつきの夫・康平の動かぬ浮気の証拠が・・・!?

 

爪痕 -それでも結婚、続けますか?第3話「想いの温度」のあらすじ・ネタバレ

浮気の証拠を探しまくるなつき

 

誰にも自分の気持ちを理解してもらえず、娘に当たったことを後悔しつつも康平の浮気の証拠がないか探すなつき。

 

自分の勘は絶対正しい、と確信に似たものを感じても、肝心の決定的証拠は見つからない。

 

後輩・れなに煽られるさやかのノンキさ

仕事だからしょうがない!と、夫を後回しで仕事に励むさやか。

 

「私なら先輩の旦那さんを3分で落とせる」

そんなさやかにあきれて言いたい放題の後輩・れな。

 

夫を大事にしていない、女性としての魅力を磨くこともすっかり怠っているさやかなんて、「女」としてめじゃない、と。

 

何も知らないさやかの裏で、夫のトモがまさに「裏切って」いるところだった。

 

康平の浮気現場を見てしまうさやか

 

なつきの相談にうんざりしているさやかの前に、高校の同級生だったしおりと康平が並んでいる現場に出くわして・・・


第3話の感想

 

これは気まずい〜〜〜〜!

 

友達の旦那の「浮気しているかもしれない現場」を見てしまうのって、かなり気まずいものです。

 

「浮気」と断定するには早い状況であっても、勘のいい女性なら気づきますよね。

 

「あやしい」

と・・・。

 

康平のほうは、とっくに夫婦生活に冷めていて、今はどうやってなつきと別れようかと思案中な段階っぽい。

 

何が不満だったのかはまだ明かされていませんが、なつきは主婦として普通にやってきたし、かわいい娘までいるのにやはり男性の身勝手さでしょうかね。

 

「妻といても最近おもしろくない」

とか、

「あいつにもそろそろ飽きてきた」

みたいな。

 

さやかの旦那のトモのほうは、なんとなく浮気の原因みたいなのは見えてきていて、おそらく「不妊治療に取り組まないさやか」に対して大きな不満があるんだろうなって雰囲気。

 

浮気相手に本気なわけじゃなく、遊びの相手と割り切ってつきあっている様子です。

 

だから、さやかと別れたいわけじゃなくって、憂さ晴らしとか、さやかが与えてくれない「ときめき」みたいなものを求めているのかなあ。

 

何歳になっても、女性は夫の愛をつなぎとめるための努力(女磨き、美しさを保つ、パートナーに甘えすぎない)が必要ってことですね。

 

 

新しい話が配信されたら、また感想を書いていこうと思っているのでよろしくおねがいします!

 

第1話へ戻る

www.kataom.com

 

爪痕 -それでも結婚、続けますか?第2話「それぞれのカタチ」ネタバレ感想

漫画「爪痕 -それでも結婚、続けますか?」ななしなあめ子(原作)/石川オレオ(作画)第2話「それぞれのカタチ」


浮気を疑うなつきの相談を「感情的になりすぎ」と一蹴してしまうさやか。

 

何でも話せる親友だった学生時代は遠く、噛み合わなくなっていくふたりは・・・


爪痕 -それでも結婚、続けますか?第2話「それぞれのカタチ」のあらすじ・ネタバレ


夫の浮気について「レシート」が証拠だと、さやかに相談にのってもらうなつき。

 

あきらかに康平が頼まないような、オシャレすぎる女子チョイスの飲み物とケーキ。

 

 

そんななつきに対して、大騒ぎしすぎだと諭したうえで「専業主婦で離婚するのか」と現実をつきつける。

 

親友だと思って打ち明けたのに、気持ちをわかってもらえずイライラして娘に当たってしまうなつき。

 


一方で、さやかは自分自身の「夫の浮気」などみじんも疑っていなかった。

 

何気なく、夫のトモに「高校のときの友達がレシート一枚で浮気だと大騒ぎしている」と世間話をしたさやか。

 

トモがトイレで「ホテルのレシート」を破ったことも知らず・・・ 

 


第2話の感想

 

あー、やっぱりトモ、超あやしいと思っていました!

 

なつきの旦那よりも、たちが悪そう。

 

何食わぬ顔で優しくさやかに接して夫婦生活をつづけながら、残業やつきあいを装ってこっそり裏で浮気をしている男。

 

さやかはノーテンキすぎで、わざわざ自分から『浮気がバレないノウハウ』を教えてしまったような形で、まぬけと言えばまぬけ。

 

うちの夫に限って浮気なんかあるわけない、と油断しているというか、男性の浮気心を甘く見すぎていたのが原因ですね。

 

気持ちなんて、常にうつろうもの。

 

まして、「子供ができない」というデメリットは、子供がほしい男性にとっては十分離婚理由になってしまうから、さやかがたとえ浮気を知ってしまっても、なつきのように負い目に感じてしまうかもしれませんね。

 

 

なつきはなつきで、今まで順風満帆だった家庭生活が崩壊しはじめて、娘のゆいにまでイラつきモードで八つ当たり。

 

娘ちゃんも正直、生意気かな・・・今どきの子って感じで、いつも携帯画面ばかり見てうわの空だし、これはイラツイてもしょうがない。

 

でも、こういうときにイライラすると歯車がどんどんくるっていって、今後の展開的に家庭の空気が最悪になって夫婦喧嘩、というパターンが見えてきます。

 

専業主婦って、夫に養ってもらって優雅でいいなあって思っていましたけれども、夫婦関係が良好だからこその幸せであって、もしなつきみたいに夫の浮気を疑う状況になっても、簡単に「離婚」できないという立場の弱さがあります。

 

離婚して経済的に自立できない、という弱点は、裏を返せば夫に何をされても我慢しつづけなければいけない、という。

 

女性はやっぱり、結婚してもある程度、自分でお金を稼げる技能は身につけて置いたほうがいいですよね。

 


さて、さやかの夫婦関係も雲行きがあやしくなってきたあたりで、また次回へつづきます。

 

第3話の感想

www.kataom.com